ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 保健医療政策 > 千葉県周産期医療体制整備計画について > 千葉県周産期医療体制整備計画の一部改定について

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年5月24日

千葉県周産期医療体制整備計画の一部改定について

発表日:平成28年4月14日

千葉県健康福祉部医療整備課

電話:043-223-3886

平成23年3月に策定した「千葉県周産期医療体制整備計画」は27年度を終期としていたため、計画期間を2年間延長の上、必要な一部改定を行いました。今後は、本計画に基づき周産期医療体制の充実に努めてまいります。

1計画の概要

(1)計画の目的

周産期特有の様々な症例等に適切に対応できる医療体制を構築するため、施設や設備の整備、医師等の医療従事者の確保及び母体や新生児の搬送体制の整備などについて、県内の実情に応じて計画的に整備することにより、医療従事者の負担の軽減等を図るとともに、安心して出産できる周産期医療の環境づくりを推進することを目的とします。

(2)計画の位置づけ

国における周産期医療体制整備指針を踏まえて策定するものであり、医療法第30条の4に基づく医療計画(千葉県保健医療計画)の一部としても位置付けています。

(3)計画期間

【旧計画】平成23年度から平成27年度(5年間)

2一部改定の内容

(1)計画期間

現行計画を2年延長(~29年度)現行計画を2年延長(~29年度)

(2)周産期医療センターの整備方針

<1>総合周産期母子医療センター

現状2箇所から、さらなる指定の方針へ

⇒総合周産期母子医療センターの指定を受けていない全県対応型周産期医療連携拠点病院について、指定の検討を行う。

<2>地域周産期母子医療センター

現状8か所からさらなる認定の検討へ

⇒未整備の二次医療圏について、出生数に応じて、更なる認定施設の設置を検討する。

<3>NICUの整備

現状

現計画目標

改正目標

129

130

141

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療整備課医療体制整備室

電話番号:043-223-3886

ファックス番号:043-221-7379

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?