ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年12月5日

特例貸付制度(6) 返還の猶予、延滞利子

 10.返還の猶予

次のいずれかに該当するときは、申請をすることで、その期間中、修学資金の返還が猶予されることがあります。

猶予事由 申請者 申請書
修学資金の貸付けの決定を取消された後も引き続き養成所等に在学しているとき 借受人

修学資金返還猶予申請書(別記第11号様式)

第11号様式(ワード:34KB)
第11号様式(PDF:13KB)

看護師の業務に従事しており、返還の債務の免除を受けると見込まれるとき
看護師の業務に従事する期間中に、業務上の事由により死亡し、又は業務に起因する心身の故障のため業務を継続できなくなったため、返還の債務の免除を受けると見込まれるとき。
  • 修学資金返還猶予申請書(別記第11号様式)
  • 返還ができなくなったことを証する書類

 11.延滞利子

(1) 延滞利子の利率

年14.5%(100円未満の場合は徴収しない)

(2) 延滞利子の減免

次の事由に該当するときは、申請をすることで、延滞利子が減免されることがあります。

延滞利子の減免事由 申請者 申請書
返還すべき日までに返還しなかったことについてやむを得ない事由があるとき 借受人

延滞利子減免申請書(別記第12号様式)
第12号様式(ワード:26KB)

第12号様式(PDF:11KB)

(3) 一時保留

知事は、借受人が正当な理由がなくて必要な届出や報告等を提出しないとき、修学資金の貸付けを一時保留することがあります。

前のページ 次のページ

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療整備課看護師確保推進室

電話番号:043-223-3885

ファックス番号:043-221-7379

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?