ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年11月2日

ページ番号:15294

平成29年度(措置命令)|残土条例関係の行政処分(許可の取り消しなど)

千葉県土砂等の埋立て等による土壌の汚染及び災害の発生防止に関する条例(残土条例)に基づき行政処分(措置命令)を行った情報を掲載しています。


印刷用PDFファイル(一覧表)

残土条例関係の行政処分(許可の取り消しなど)-平成29年9月1日-

措置命令を受けた者の氏名又は名称

印旛郡酒々井町本佐倉695番地12

有限会社藤田興業

代表取締役 藤田治代

措置命令の根拠となる法令の条項 残土条例第23条第2項
法令に違反した事実

平成10年12月15日付け千葉県産指令第16号の111で許可した成田市地蔵原新田字愛宕原27-2ほか9筆の特定事業に供する区域(以下「本件特定事業区域」という。)に許可時の計画高を超えた土砂等が埋め立てられ、埋立ての構造が許可申請書に添付された図面のとおり整備されていない。

本件特定事業区域を超えて隣接する区域に土砂等が埋め立てられている。

以上のことから、残土条例第13条第1項に違反している。

不適正な土砂等の埋立てが行われた場所の所在地

千葉県成田市地蔵原新田字愛宕原27-2ほか9筆及び隣接地

措置命令の内容
  1. 本件特定事業区域において、申請された土量(27,663.64立方メートル)を超えて特定事業に使用された土砂等(以下「超過使用土砂等」という。)を全部撤去し、土砂等の崩落、飛散、流出等による災害の発生を防止するために必要な措置として、本件特定事業区域の構造を、許可申請書に添付された図面に従った構造(以下「申請図面の構造」という。)とするよう施工すること。
  2. 本件特定事業区域を超えて隣接する区域において、残土条例第13条第1項の許可を得ずに行われた特定事業に使用された土砂等(以下「区域外土砂等」という。)を全部撤去すること。
  3. 超過使用土砂等の撤去の措置及び本件特定事業区域の構造を申請図面の構造とするよう施工する措置並びに区域外土砂等の撤去の措置を講じるに当たっては、是正計画書を平成29年10月2日までに県に提出し、承認を得ること。
    なお、当該承認を得るまでの間は、超過使用土砂等及び区域外土砂等の搬出並びに本件特定事業区域の施工は行わないこと。
  4. 上記の是正措置が完了するまでの間は、土砂等の崩落、飛散、流出等の災害が発生しないよう、災害の防止対策に万全を期すこと。
命令発出日 平成29年9月1日
着手期限 平成29年11月2日
命令履行期限 平成30年3月26日
命令発出者 千葉県知事

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部廃棄物指導課残土・再生土対策班

電話番号:043-223-2641

ファックス番号:043-221-5789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?