ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > 産業廃棄物 > 再生土対策関連情報 > 再生土等の埋立て等に係る行政指導指針の運用状況について

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年12月7日

再生土等の埋立て等に係る行政指導指針の運用状況について

発表日:平成28年12月6日

環境生活部廃棄物指導課

電話:043-223-2637

県では、再生土等の埋立て等に係る周辺環境への影響を未然に防止するため新たな取組として「再生土等の埋立て等に係る行政指導指針」を策定し、平成28年9月15日から、その運用を開始したところです。

この指針に基づき事業者等に対し統一的な指導を行い、平成28年9月15日から11月15日までの期間に、6件の計画書の提出があり、延べ145回の立入調査等を実施いたしました。なお、不適正な事案は確認されておりません。

今後とも、県民の生活環境が保全されるよう努めてまいります。

1 再生土について

建設汚泥等の産業廃棄物を処理し、再生され、土砂状の建設資材として使用されており、現在、主に太陽光発電パネル設置の土地造成用の建設資材として使用されている。

2 再生土等の埋立て等に係る行政指導指針の概要

【目的】

再生土等の埋立て等による土壌、地下水等の汚染及び崩落等の災害の発生を未然に防止し、もって県民の生活環境の保全に資するため、事業者等を指導するに当たり、共通する指導指針を定める。

【定義】

  • 再生土等:建設汚泥その他の産業廃棄物を中間処理施設において中間処理し、有用な資材として再生したもの(廃棄物処理法第2条第1項に規定する廃棄物を除く)
  • 埋立て等:再生土等を利用した土地の埋立て、盛土及びたい積(製品の製造又は加工のための原材料のたい積を除く)を行う行為

【対象事業】

埋立面積3,000平方メートル以上(公共工事等を除く)

【各主体の責務】

  1. 埋立事業者
  2. 中間処理業者
  3. 土地所有者

【埋立事業者等に対する指導】

【指導の方針等】

1 指導の方針

県は、埋立事業者等がこの行政指導指針に基づく行政指導を遵守するよう適時適切に要請を行う。

2 埋立て等の状況把握等

市町村と連携して埋立て等の状況を把握し、不適正な埋立て等が行われることのないよう監視及び指導する。

3 検査等

不適正な埋立て等が疑われる場合には、廃掃法又は残土条例に基づき、

  • ア 土質の分析検査
  • イ 報告徴収、立入検査

を行う。

4 不適正事案への対処

再生土等により埋立て等を行うとしながら、廃棄物又は土砂等を利用した埋立て、盛土及びたい積の行為が疑われる場合は、廃掃法又は残土条例に基づき厳正に対処。

【埋立事業者に対する指導】

1 情報の収集

県は、埋立て等について情報収集。

2 協議の伝達

各法律又は条例許認可等担当課(出先機関)は、廃棄物指導課(地域振興事務所)と協議するよう事業者に伝達。

3 計画書等の提出

事業者に対し、埋立て等を行う前に、埋立て等に係る計画書等を提出するよう指導する。

4 安全基準等の遵守

事業者に対し、土壌の安全基準及び埋立て等の構造基準の遵守を指導し、土壌等の汚染等が発生した場合は、埋立事業者が責任を持って対処するよう指導する。

5 標識の掲示

事業者に対し、埋立て等の期間中、標識の掲示を指導する。

6 立入調査等

提出書類を基に監視活動を行い、必要に応じ、事業者の同意を得て、立入調査等を実施。

7 完了届の提出

事業者が埋立て完了後に県に提出。

【中間処理業者に対する指導】

中間処理業者に対し、中間処理を行う産業廃棄物の種類、処理量等及び中間処理後の再生土等の種類、販売先、販売量等に係る報告書を提出するよう指導する。

【指導体制】

  1. 関係部局で構成する庁内連絡会議における調整
  2. 許認可等担当課からの情報提供
  3. 地域振興事務所・市町村等による地区連絡会議等における調整
  4. 廃棄物指導課と地域振興事務所の指導区分
    • 10,000平方メートル以上 廃棄物指導課
    • 10,000平方メートル未満 地域振興事務所

3 埋立事業者に対する指導等

  • (1)埋立て等を行う前に計画書等を提出することや、埋立て等の目的や事業者名などを記載した標識の掲示等を指導する。また、提出書類を基に監視活動を行い、必要に応じ、立入調査等を実施する。
  • (2)市町村と連携して埋立て等の状況を把握し、監視及び指導を行い、不適正な埋立て等が疑われる場合には、「廃棄物処理法」又は「残土条例」に基づき、立入検査等を行い、不適正と確認されれば、「廃棄物処理法」等に基づき厳正に対処する。

4 指導指針運用後の計画書の提出件数及び現場立入回数

集計期間:平成28年9月15日~11月15日

担当機関

「再生土等の埋立て等に係る計画書」
提出件数

現場立入回数

廃棄物指導課

(1万平方メートル以上の埋立て)

1

36

葛南地域振興事務所

0

0

東葛飾地域振興事務所

0

0

印旛地域振興事務所

0

2

香取地域振興事務所

3

68

海匝地域振興事務所

0

11

山武地域振興事務所

0

0

長生地域振興事務所

0

5

夷隅地域振興事務所

0

0

安房地域振興事務所

0

2

君津地域振興事務所

2

6

市原地域振興事務所

0

15

6

145

  •  ※立入先については、指針運用以前に埋立てを開始していた現場を含む。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部廃棄物指導課指導企画班  

電話番号:043-223-2637

ファックス番号:043-221-5789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?