ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > 産業廃棄物 > 産業廃棄物収集運搬車両の路上調査結果 > 産業廃棄物収集運搬車両の一斉路上調査結果(平成27年10月)

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年10月20日

産業廃棄物収集運搬車両の一斉路上調査結果(平成27年10月)

発表日:平成27年10月15日

環境生活部廃棄物指導課
電話:043-223-2684

環境生活部大気保全課
電話:043-223-3558

県では、産廃スクラム32(注)の強化月間中の取組として、千葉市、船橋市及び柏市と合同で産業廃棄物収集運搬車両の路上調査を実施したところ、結果は、下記のとおりです。
また、調査時にディーゼル条例に基づく運行規制の適合状況の確認を併せて実施しました。

 

1 実施日時

平成27年10月15日(木曜日)午前10時~正午

2 実施場所

東関東自動車道宮野木料金所(下り線)

3 調査内容

  • 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の遵守状況
  • 「千葉県廃棄物の処理の適正化等に関する条例」の遵守状況(廃棄物処理票の携帯指導等)
  • 「千葉県ディーゼル自動車から排出される粒子状物質の排出の抑制に関する条例」の遵守状況

4 協力機関

千葉県警察本部、千葉北警察署

東日本高速道路株式会社関東支社千葉管理事務所

5 調査結果

項目

検査台数

(指導内容等)

車両総数

24

(なし)

1 産廃関係車両

13

(なし)

 

<1>適正車両

11

(なし)

<2>不適正車両

2

収集運搬車両の表示不備。

収集運搬業許可書(写し)の携行不備。

2 一般廃棄物車両

0

(なし)

3 残土車両

4

(なし)

4 その他(有価物車両等)

7

(なし)

なお、ディーゼル条例に基づく運行規制の適合状況については、不適合車両が1台あり、粒子状物質減少装置の装着等について指導を行いました。

6 産廃スクラム32とは

関東甲信越・福島県・静岡県内の32の都、県及び市で構成し、産業廃棄物の不適正処理防止にむけ連携して取組んでいる組織で、正式名称を「産業廃棄物不適正処理防止広域連絡協議会」といいます。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部廃棄物指導課監視指導室

電話番号:043-223-2684

ファックス番号:043-221-5789

所属課室:環境生活部大気保全課自動車公害対策班

電話番号:043-223-3558

ファックス番号:043-224-0949

産業廃棄物収集運搬車両の路上調査:
廃棄物指導課
ディーゼル条例に基づく運行規制の適合状況の確認:
大気保全課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?