サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > 産業廃棄物 > 産業廃棄物処理業・処理施設関連情報 > 廃棄食品を扱う産業廃棄物処理業者への立入検査について

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年1月22日

廃棄食品を扱う産業廃棄物処理業者への立入検査について

平成28年1月22日

環境生活部廃棄物指導課

電話:043-223-2637

今般、愛知県等において、廃棄された食品が産業廃棄物処理業者により転売された事案が発生したことを受け、環境省から立入検査を実施するよう要請がありました。

このため、千葉県では、廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)に基づき、食品廃棄物を取り扱う産業廃棄物の中間処理業者に対して立入検査を行い、廃棄物の処理状況を確認するとともに、適正処理について指導してまいります。

1 対象

県の産業廃棄物中間処理業の許可業者のうち、動植物性残さの許可を得て食品廃棄物を扱っている事業者37社

2 検査日

平成28年1月21日から実施

3 検査内容

  • 廃棄物の保管状況及び処理状況
  • マニフェストの記載・公布状況 等

4 検査結果

検査終了後、結果を取りまとめ公表

5 その他

対象37社に対し、1月20日付けで文書により「法令遵守と廃棄物の適正処理」について通知済

※立入検査

廃棄物処理法第19条
都道府県知事又は市町村長は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、(中略)産業廃棄物処理施設のある土地若しくは建物(中略)に立ち入り、(中略)帳簿書類その他の物件を検査させ、又は試験の用に供するのに必要な限度において廃棄物若しくは廃棄物であることの疑いのある物を無償で収去させることができる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部廃棄物指導課指導企画班  

電話番号:043-223-2637

ファックス番号:043-221-5789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?