サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > ヤード対策 > ヤード適正化条例関連情報 > 「(仮称)千葉県ヤード設置適正化条例」素案に関する意見募集の結果について

更新日:平成29(2017)年11月27日

「(仮称)千葉県ヤード設置適正化条例」素案に関する意見募集の結果について

【ちばづくり県民コメント制度に基づく意見募集】

(仮称)千葉県ヤード適正化条例の策定に向け、素案の意見募集を行ったところ、結果は以下のとおりでした。

これらの御意見を参考とさせていただいた上で最終案を検討し、条例案を作成しました。

御協力いただき誠にありがとうございました。

1 意見募集期間

平成26年2月13日(木曜日)から平成26年3月11日(火曜日)まで

2 意見の提出状況

(1)意見提出者数

6名

(2)延べ意見数

29件

(3)提出方法

ファクシミリ(4名)、電子メール(2名)、郵送(0名)

3 提出された意見と県の考え方

「(仮称)千葉県ヤード設置適正化条例」素案に対する意見と県の考え方(PDF:302KB)

※取りまとめ上、趣旨を損なわない範囲で意見を要約させていただきました。

4 素案からの主な修正点

  • 条例名について、本条例は、ヤードの設置そのものを規制するものではなく、ヤード内での不適正な行為の是正を図ろうとするものなので、「設置」を削り、本条例の趣旨に適合するものに修正しました。
  • ヤードの定義について、使用済自動車の再資源化等に関する法律の規制対象となっている「解体」との区別をするため、「分離」という表現を使用することとしました。
  • ヤードの定義について、条例素案では「周囲が鋼板等により囲われている」施設としていましたが、本県のヤードの実態に即して、工作物により完全に囲まれていない施設も対象とすることにしました。
  • 関係法令の遵守規定については、当然のことを確認的に規定しようとしたものですが、本条例により創設的に規定したとの誤解を受けるおそれがある等の理由により、削ることとしました。
  • 取引時の相手方確認、記録作成等の義務について、効果的な規制をする必要等から、取引の実態を踏まえて、その対象物は「原動機」に限ることとしました。
  • 特定自動車部品ヤード内保管者等の義務について、県民の皆さまの平穏な生活の確保に資するため、原動機の受取時に不正品の疑いがあった場合の警察官への申告義務を設けました。
  • 自動車部品に起因する油等による生活環境の保全上の支障について、緊急に措置を講じさせる必要があることが想定されるため、勧告(行政指導)を介さない命令(処分)も発出できることとしました。
  • ヤードの設置者のみならず、ヤードの土地の所有者についても、自動車部品に起因する油等の流出等や法令等の不遵守を知ったときに関係機関への通報をするべき努力義務を設けました。
  • 罰則に関係する規定全てについて、千葉地方検察庁と綿密な協議を行い、明確化する等の整備をしました。

5 県議会に提案した条例(案)

「千葉県特定自動車部品のヤード内保管等の適正化に関する条例」案(PDF:246KB)

6 資料の入手方法

「3 提出された意見と県の考え方」よりダウンロードできます。

また、以下の場所でも閲覧ができます。 

閲覧場所

  • 環境生活部廃棄物指導課(県庁本庁舎4階)
  • 県政情報コーナー(本庁舎2階)
  • 各地域振興事務所
  • 千葉県文書館

7 意見募集ページへのリンク

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部廃棄物指導課ヤード対策班  

電話番号:043-223-4658

ファックス番号:043-221-5789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?