ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 電子県庁・ICT > ICT利活用の推進 > ICTの利活用について(令和3年度第3回インターネットアンケート調査の結果について)

報道発表案件

更新日:令和4(2022)年1月20日

ページ番号:482925

ICTの利活用について(令和3年度第3回インターネットアンケート調査の結果について)

発表日:令和4年1月19日
総務部デジタル戦略課

1.調査の目的

県では、令和元年度に策定しました「千葉県ICT利活用戦略」に基づき、県民一人ひとりの暮らしを豊かにし、本県の持続的な発展の実現のために、飛躍的に発展しているICTを手段として効果的に活用していくこととしています。

この戦略について、近年の社会情勢を踏まえた見直しを進めるに当たり、皆様のICT機器やICTを使った行政サービスの利用状況、特にICTの利活用を進めるべきと思う分野等について、皆様のご意見を伺いました。

  ※ICT:情報通信技術 (Information & Communications Technology)

2.調査の実施状況等

(1)調査対象 アンケート調査協力員 300人 

(2)調査時期 令和3年11月18日(木曜日)~11月28日(日曜日)

(3)調査方法 インターネットアンケート専用フォームへの入力による回答

(4)回答状況 アンケート調査協力員300人のうち243人が回答(回答率81.0%)

(5)調査項目

  • 問1.あなたは、普段、家庭や職場などでどのようなICT機器を利用していますか。
  • 問2.あなたは、特にどのような用途でICT機器を利用していますか。
  • 問3.あなたが最近行政サービスを利用した際、もっとICTの利活用で便利になれば良い、又はICT利活用が進んでおらず不便だと感じたものはありますか。
  • 問4.あなたが問3のように感じたものは、どのような行政サービスですか。
  • 問5.あなたは、どの分野で特にICTの利活用を進めるべきだと思いますか。
  • 問6.ICTの利活用を進めることに関して、ご意見・ご提案がありましたら、ご記入ください。

3.調査結果

問1.あなたは、普段、家庭や職場などでどのようなICT機器を利用していますか。(あてはまるものすべて)(回答者数:243人)

問1調査結果集計表

普段、家庭や職場などで利用しているICT機器についてたずねたところ、『パソコン』が91.4%と最も多く、次いで『携帯(スマートフォン)』が90.9%でした。

 ※AIスピーカー:音声認識・操作が可能なAIを搭載したスピーカー
 ※ウェアラブル端末:スマートウォッチなど、手首や頭等に装着するICT機器

問2.あなたは、特にどのような用途でICT機器を利用していますか。(2つまで選択)(回答者数:243人)

問2調査結果集計表

ICT機器を利用している用途についてたずねたところ、『友人や家族との連絡』が79.4%と最も多く、次いで『情報の収集・娯楽』が70.8%でした。

また、『その他』の答えの中には、「大学の授業」、「仕事上の連絡」などの意見がありました。

問3.あなたが最近行政サービスを利用した際、もっとICTの利活用で便利になれば良い、又はICT利活用が進んでおらず不便だと感じたものはありますか。(1つ選択)(回答者数:243人)

問3調査結果集計表

最近行政サービスを利用した際、もっとICTの利活用で便利になれば良い、又はICT利活用が進んでおらず不便だと感じたものがあるかについてたずねたところ、『ある』が65.4%、『ない』が34.6%でした。

【問3で『ある』と答えた方に聞きました。】

問4.あなたが問3のように感じたものは、どのような行政サービスですか。(2つまで選択)(回答者数:159人)

問4調査結果集計表

問3のように感じた行政サービスについてたずねたところ、『届出・申請・申告・証明書発行等の手続』が56.0%と最も多く、次いで、『税・使用料等の支払い』が42.8%でした。

また、『その他』の答えの中には、「選挙」、「旅券の申請」などの意見がありました。

問5.あなたは、どの分野で特にICTの利活用を進めるべきだと思いますか。(5つまで選択)(回答者数:243人)

問5調査結果集計表

どの分野で特にICTの利活用を進めるべきだと思うかについてたずねたところ、『医療・健康』が66.7%と最も多く、次いで、『防災・防犯』及び『行政』が52.7%でした。

また、『その他』の答えの中には、「税等の支払い」、「web図書館」などの意見がありました。

(参考:各選択肢における取組の例)
 医療・健康(例:遠隔診療、医療機関間の情報連携、健康管理 等)
 防災・防犯(例:防災・防犯の情報提供、災害時の救助・支援 等)
 行政(例:各種申請・給付事務等の効率化、行政の所有するデータの公開・利活用推進 等)
 福祉(例:高齢者の見守り、介護の負担軽減、障がい者の就労機会拡大 等) 
 働きかた改革(例:在宅勤務、オンライン会議、効率的・多様な働き方の実現 等)
 子育て(例:子育て情報の提供 等)
 インフラ・交通(例:安全・効率的な交通システム、インフラの維持管理 等)
 商業(例:無人レジ、キャッシュレス決済 等)
 観光振興(例:観光情報の提供、旅行者向けWi-Fi整備 等)
 学校教育・生涯学習(例:ICT教育、学校連絡窓口のICT化、遠隔授業・学習 等)
 地域活性化(例:地域のつながり強化、ICT企業誘致 等)
 環境・エネルギー(例:省エネルギー対策 等)
 産業振興(例:生産性向上・高付加価値化、新ビジネスの創出、高度ICT人材の育成 等)
 農林水産振興(例:センサー等を使った農水産物管理、熟練農家技術の活用 等)

問6.ICTの利活用を進めることに関して、ご意見・ご提案がありましたら、ご記入ください。(回答者数:118人)

寄せられたご意見・ご提案には次のようなものがありました。一部抜粋してご意見を掲載します。

(1)ICT利活用の推進について

  • 古いものにこだわらず、どんどん新しい技術を取り入れて、スピード感のある行政に期待しています。
  • 今後は人口減少・高齢化が進み、今のままでサービスをするほうも、受けるほうも立ちいかなくなると思われます。そのためにも一刻も早くICT化を推し進めるべきだと思います。
  • ICTを大いに活用することで、便利な世の中になっていくと思います。しかし、ICTではできない観光振興や学校教育もある思うので、以前からの伝統を受け継いだうえで、ICTを広めるとよいと思います。
  • 行政サービスのIT化は便利でよいと思う反面、従来通りのたとえば紙運用でも違和感はないです。

(2)行政手続等の利便性向上について

  • 行政手続の電子化については、マイナンバーカードを利用することにより一層進めてほしい。
  • 各種届出をネットで可能な限りできるようにして頂きたいです。
  • 災害避難情報や住民登録手続き、各種給付金手続き、健康保険証としての活用、免許証、各種税金課税状況閲覧などいろいろな活用を希望します。
  • ICT利活用による基本的な行政内部事務の効率化と窓口業務・サービス業務の非対面化を期待します。(特に図書館サービスなど)
  • 申請書をPCで取得できても、その申請書を持って行政の窓口に行かなければ、手続きが完了しないことがある。これではメリットがあるとは言えない。

(3)情報格差の是正など、ICT利活用を進める上での配慮について

  • 利用できる方と利用できない方がいるので、柔軟で取りこぼしのない活用をしていただきたいです。
  • 高齢者のICT活用についての配慮(使いやすさ・利便性・案内等)も必要と感じる。
  • ICT機器を持っていない人が、特別に不便を感じないよう、対面など従来の対応も、残すべき部分は残すことも必要ではないかと思います。
  • ICTがいろいろ取り入れられたら暮らしが便利になると思うが、セキュリティの面が心配だ。
  • 個人情報等の漏洩について万全を期して頂きたい。

たくさんのご意見ありがとうございました。
今回の調査では、『携帯(スマートフォン)』を利用している方が9割以上となるなど、ICT機器の浸透が進む一方、行政の手続等を中心に、ICT利活用による利便性向上が必要だという趣旨の回答を多くいただきました。

また、ICTの利活用を進めることに関してのご意見としては、利活用を進めるべきといったご意見が多数寄せられるとともに、高齢者などICTに不慣れな方などへの対応やセキュリティ対策など、ICT利活用を進める上での配慮を求めるご意見もありました。

皆様からいただいたご意見は、今後、県のICT利活用戦略の見直しなどに役立ててまいります。

お問い合わせ

所属課室:総務部デジタル戦略課デジタル戦略班

電話番号:043-223-2441

ファックス番号:043-224-1055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?