ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 行財政改革 > 行政改革 > 千葉県行政改革について > 行政改革その他 > 職員の在宅勤務及びサテライトオフィス勤務の試行について

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年6月9日

職員の在宅勤務及びサテライトオフィス勤務の試行について

発表日:平成30年6月8日
総務部行政改革推進課

少子高齢化によって生産年齢人口が減少する中で、多様化する県民ニーズに的確に応えていくためには、職員の業務遂行にICTを活用した柔軟で効率的な働き方を取り入れ、より一層の効率化を図る必要があります。
そこでこの度、国が展開する働き方改革の国民運動「テレワーク・デイズ」と連動した取組として、職員を対象とした在宅勤務及びサテライトオフィス勤務を試行します。

<参考:テレワークとは>
ICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であり、在宅勤務、サテライトオフィス勤務、モバイルワークの3つの形態があります。
(モバイルワークについては、出張先や会議の場などにおいてタブレット端末を活用する方法により、既に実施中です。)

1試行期間

平成30年7月24日(火曜日)~8月22日(水曜日)(土日を除く。)

2試行内容

区分 在宅勤務 サテライトオフィス勤務
対象者

知事部局の職員

※非常勤職員などを除く

※県庁本庁舎・中庁舎・南庁舎に

勤務する職員のみ

知事部局の職員

※非常勤職員などを除く

実施場所 職員の自宅

1.県庁中庁舎

2.印旛合同庁舎

3.香取合同庁舎

4.君津合同庁舎

参加可能人数

1日当たり2名まで

(期間中最大44名)

1日当たり10名まで

(期間中最大220名)

1名当たり

の参加可能

回数

1週当たり2日まで、合計5日まで 同左
実施環境

在宅勤務用のモバイル端末を実施

職員に貸与する

サテライトオフィス勤務用のパソ

コンを実施職員に貸与する

※試行期間終了後に、職員アンケート等を実施し、効果や課題の検証等を行います。

3参加手続

  • 試行への参加は事前登録制とするため、在宅勤務又はサテライトオフィス勤務の実施を希望する職員は、事前に登録申請書を所属長に提出し、承認を受ける。
  • 事前登録の承認を受けた職員は、在宅勤務又はサテライトオフィス勤務を実施する都度、事前に業務計画書を所属長等に提出し、承認を受ける。

4試行開始までのスケジュール(概要)

  • 6月中旬…試行に係る庁内説明会
  • 6月下旬…参加者募集開始
  • 7月24日…試行開始

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部行政改革推進課改革推進班

電話番号:043-223-2460

ファックス番号:043-224-1055

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?