ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産業 > 水産業振興 > コイヘルペスウイルス病に関する情報について > コイヘルペスウイルス病の発生について(平成29年2月23日)

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年2月23日

コイヘルペスウイルス病の発生について(平成29年2月23日)

発表日:平成29年2月23日

農林水産部水産局漁業資源課
電話:043-223-3606

県内の養殖場で飼育されていたニシキゴイについて、公益社団法人日本水産資源保護協会及び国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所における診断の結果、コイヘルペスウイルス病の発生が確認されましたので、お知らせします。
コイヘルペスウイルス病は、コイ特有の病気で、人には感染しません。

検査結果(国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所における確定診断)

2検体中2検体が陽性

経過

  1. 2月9日に県内の養殖場が飼育中のニシキゴイの検査を依頼 
  2. 2月21日に一次診断・・・陽性(公益社団法人日本水産資源保護協会)
  3. 2月23日に確定診断・・・陽性(国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所)

コイヘルペスウイルス病について

  • 本病は、マゴイとニシキゴイにのみ発生する死亡率が高い病気です。発病すると行動が緩慢になったり餌を食べなくなりますが、目立った外部症状は少なく、エラの退色などが見られます。また、マゴイ及びニシキゴイ以外の魚には感染しません。
  • 人へ感染することはないため、仮に感染したコイの肉を摂取しても人体に影響はありません。

県民の皆さまへのお願い

  • 病気のまん延を防ぐために釣ったコイを他の川などへ放すことはやめてください。
  • 飼育しているコイを川などに放すことはやめてください。
  • 県内の川や池などで大量にコイが死んでいるのを見つけた時は、県庁漁業資源課資源管理班《電話:043-223-3037(平日の午前9時から午後17時まで)・電話:090-3202-8899(平日時間外、土、日及び祝日)》に連絡してください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部漁業資源課資源管理班

電話番号:043-223-3037

内線:3037

ファックス番号:043-201-2616

土、日曜及び祝日の連絡先:090-3202-8899

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?