サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 文教常任委員会 > 平成25年9月定例県議会文教常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成30(2018)年8月3日

平成25年9月定例県議会文教常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成25年10月11日(金曜日)午前10時~午後1時30分
場所 県議会棟4階第7委員会室
委員名

内田悦嗣委員長、斉藤守副委員長、阿部紘一委員、

岡村泰明委員、吉本充委員、西田三十五委員、

臼井正一委員、石井宏子委員、矢崎堅太郎委員、

秋林貴史委員、岡田幸子委員、川井友則委員

付託案件

議案

議案番号

議案件名

審査結果

1

平成25年度千葉県一般会計補正予算(第2号)

原案可決

12

千葉県県立特別支援学校設置条例の一部を改正する条例の制定について

原案可決

※審査結果については委員会におけるもので、本会議における議決事項とは異なる場合があります。

主な質疑の概要

Q.県立学校耐震化推進事業で債務負担行為を設定し、平成26年度工事の発注を前倒しする理由は何か。

A.県立学校の校舎の耐震改修については、授業に支障が出ないよう、可能な限り夏休み期間中に工事を実施することとしている。
事業者は、総合評価方式による入札で決定するため、入札手続や、落札後、事業者の準備期間に数か月を要する。
のため、夏休みに入り次第、速やかに工事に着手するには、今年度内に契約を締結する必要があることから、債務負担行為を設定しようとするものである。

Q.県立高等学校入学者選抜制度の今後の方針はどうか。

A.入学者選抜制度については、この春、生徒、保護者及び中学校長等に対しアンケートを実施したところである。
選抜制度の在り方については、これまでも千葉県公立高等学校入学者選抜方法等改善協議会の意見を伺い、改善を図ってきたが、現行制度を検証するため、現在、アンケートの分析を行っており、結果を協議会において更に検討することとしている。
れらの議論も踏まえ、今後の制度の在り方について結論を得られるよう努めていきたい。

Q.児童生徒が、サイバー犯罪に巻き込まれないよう、どのような対応をしているのか。

A.インターネット利用における問題や危険性については、発達段階に応じた指導が必要である。
在、学習指導要領で情報モラルを身につけることが掲げられており、県教育委員会では、県立学校や市町村教育委員会に対し、児童生徒のパソコンやスマートフォン等の利用についての指導を通知したところである。
サイバー犯罪等の問題は、時代とともに大きく変化していくものであり、警察との連携などを含め、今後も、適切に対応していきたい。

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?