サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 文教常任委員会 > 平成27年9月定例県議会文教常任委員会審査結果及び調査報告

更新日:平成30(2018)年11月21日

平成27年9月定例県議会文教常任委員会審査結果及び調査報告

日時 平成27年10月15日(木曜日)午前10時~午後3時18分
場所 県議会棟4階第7委員会室
委員名

今井勝委員長、坂下しげき副委員長、宍倉登委員、吉本充委員、
内田悦嗣委員、中村実委員、小路正和委員、石井宏子委員、
野田剛彦委員、阿部俊昭委員、岡田幸子委員、山本友子委員

付託案件

議案

議案番号

議案件名

審査結果

1

平成27年度千葉県一般会計補正予算(第1号)

原案可決

※審査結果については委員会におけるもので、本会議における議決事項とは異なる場合があります。

主な質疑の概要

Q:県立学校の耐震化工事の実施状況はどうか。

A:今年度、実施予定の耐震化工事は61校88棟で、このうち75棟については、契約済みで今年度中に完了する予定である。
る13棟のうち11棟は、武道場等の小規模な施設であり、今年度中に工事を完了するよう、順次発注を行っていく。
お、2校2棟については、平成28年度の夏休み期間に工事が実施できるよう、今年度中に工事を発注するため、9月補正予算案で債務負担行為を設定している。

Q:県立中学校の教科書採択にあたり、教育長の決裁により行われていたものを、教育委員会会議にかけ、議決により採択する方法に改めた趣旨は何か。

A:県教育委員会では、中学校の教科書採択に関する県民の関心が高いことを踏まえ、教科書の採択権者の権限と責任をより一層明確にするため、議決による採択に変更したところである。

Q:生徒指導上の課題が増加している状況で、学校現場でSОSを発しなければならないような重大な事案が生じた場合、県教育委員会として具体的な支援の手立てはあるのか。

A:学校から支援が求められた場合は、生徒指導専任指導主事を派遣するなど、具体的な対応についてアドバイスできるよう取り組んでいる。
また、心のケアの部分では、スクールカウンセラーを派遣するとともに、関係機関と連携が必要な場合は、スクールソーシャルワーカーの活用など、支援する体制を整えている。

Q:県立学校における障害者雇用嘱託職員への雇用期間5年満了後の対応状況は、どのようになっているのか。

A:平成26年度末で県立学校において、雇用期間が5年を満了した障害者雇用嘱託職員は8名おり、そのうち6名が製造業やサービス業等に就職した。
残り2名については、就職を希望しなかったため、就労移行支援事業のサービス、障害者就業・生活支援センターの就職相談等の支援を受けている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?