サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月22日

総務防災常任委員会県内調査報告書

平成30年3月9日

千葉県議会議長高伸太

総務防災常任委員会委員長

本委員会が所管事務調査のため、県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. 用務:総務防災常任委員会県内調査
  2. 調査先:消防学校・防災研修センター建設現場
  3. 期間:平成30年3月8日(木曜日)
  4. 概要:別添のとおり

参加者名簿

日程表

調査の概要について

 消防学校・防災研修センター建設現場

(1)日時:平成30年3月8日(木曜日)15時10分~15時40分

(2)調査項目:消防学校・防災研修センター整備事業について

(3)経過
現在整備中である消防学校・防災研修センターの建設現場を視察した
消防課長より説明を受けた
雨天のため、建設現場を車中から、完成した市街地救助訓練塔は徒歩により視察した。

(4)概要説明
消防学校・防災研修センター整備事業
老朽化した消防学校を移転改築し、消防学校・防災研修センターとして整備をしている。平成30年度は建築工事及び外構等の土木工事を実施し、平成31年度中の全面供用開始を予定している
なお、市街地救助訓練塔は、平成30年1月に完成した
備概要は下記のとおりである。

【整備概要】
1.建設用地原市菊間783番1
県立市原八幡高校とスポレクパークに隣接
2.施設規模敷地:約6.2ha(現消防学校:3.9ha)
 延床面積:約16,900平方メートル
3.総事業費約105億円(28~30年度継続費約100億円)
4.消防学校・防災研修センターの主な施設
<1>教育棟・防災研修センター
教室、事務室、校長室のあるメインの建物
<2>寮(収容人数240名)
<3>屋内訓練場・防災備蓄倉庫
体育館と防災備蓄倉庫を兼ね備えた施設
<4>車庫
26台の訓練車両・公用車を駐車できるスペースを確保
<5>水難救助用訓練施設
50メートルプールと円筒形の水深8メートルの水難救助用プール
<6>地下街区想定店舗・洞道訓練施設
視界の悪いトンネルや地下街の救助を想定した訓練施設
<7>訓練塔・燃焼実験室
39メートル(ビル7階の高さ)があり、内部では火災を発生させての消火・救助訓練ができる施設
<8>補助訓練塔
ロープを使っての登はんや降下訓練ができる施設
<9>市街地救助訓練塔(平成30年1月25日竣工)
ゲリラ豪雨等で水没した車両からの救助、マンホールや急斜面での救助を想定した訓練施設
<10>水防訓練施設
堤防の決壊などの水害を想定し、土のう作りや土のう積みを訓練するための施設
<11>倒壊建物・がれき救助訓練施設
倒壊建物等からの救助訓練を行う施設
※<9>~<11>については、平成30年度から先行供用開始

(5)主な質疑応答
問:先行供用施設は、いつから使用する予定か。
答:本年7月頃から初任科や救助科などの訓練で使用する予定である。
問:引越しはいつ頃するのか。
答:平成30年度については、教育課程を例年より早めの来年1月末に完了する予定であり、2月から3月にかけて移転作業を実施する予定である。
問:新消防学校では、どのような教育課程となるのか。
答:従来に比べ、消防職員向けには、高度救助科など「9課程」を、また、消防団員向けには、現場指揮課程など「4課程」を追加し、教育の充実を図ることとしている。
問:施設規模がかなり大きくなっているようだが、教官の数は増えるのか。
答:国が示す基準に基づき、学校教官の増員を予定している。
問:新しい施設での訓練となるが、機器の操作などは大丈夫なのか。
答:周囲のフェンスや植栽を除く施設の工事は、本年10月末に完了予定となっており、その後、県が施設の引渡しを受けることになる。これ以後、開校までに学校教官が訓練施設等の取扱いの習熟に取り組む予定である。

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

中村

自民党

副委員長 幹人 自民党
委員 佐藤正己 自民党

委員

木名瀬捷司

自民党

委員 石毛之行 自民党
委員 自民党
委員 田村耕作 公明党
委員 水野友貴 千翔会
委員 プリティ長嶋 千葉県民の声

随行

所属・職名

氏名

備考

防災危機管理部長

横山正博

 

消防課長 添谷  
消防学校・防災研修センター開設室副主査

高橋範史

 

総務課副課長

齋藤浩司

議事課主幹(併任)

防災政策課副課長

金子善一

議事課主幹(併任)

議会事務局政務調査課副主幹

田中弘子

 
議会事務局議事課主査

近江裕美子

 

 日程表

月日

場所

備考

3月8日 県議会   14時40分  
消防学校・防災研修センター

15時10分

15時40分

調査

県議会

16時10分

   

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願、陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?