サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年1月7日

農林水産常任委員会県内調査報告書

平成30年12月14日

千葉県議会議長

農林水産常任委員会委員長

本委員会が所管事務調査のため、県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. 用務:農林水産常任委員会県内調査
  2. 調査先:
    株式会社千葉県食肉公社(旭市)
    松岡水産株式会社(銚子市)
  3. 期間:平成30年12月13日(木曜日)
  4. 概要:別添のとおり

参加者名簿

日程表

調査の概要について

 株式会社千葉県食肉公社(旭市)

(1)日時:平成30年12月13日(木曜日)13時40分~14時35分

(2)調査項目:食肉センターのHACCP対応について

(3)経過

初めに株式会社千葉県食肉公社にて、代表取締役社長よりあいさつがあった。続いて、工場内を視察し、専務取締役、常務取締役から設備等についての説明があった。

(4)事業概要

株式会社千葉県食肉公社は、平成8年に東総食肉センター組合・北総食肉センター組合・南総食肉センター・関係業界の協力により、千葉県の基幹食肉センターとして設立された。命ある家畜に感謝し、食肉をより新鮮で衛生的なものとし、生産者と消費者の安全・信頼の懸け橋になることを経営理念として掲げている。
畜産物等に関する業務の内容としては、
・畜産物の集荷・荷受・と畜・解体処理ならびに販売
・枝肉・部分肉の受託または買付けならびに加工・販売
・畜産物の加工品および包装・運搬資材の仕入ならびに販売
・畜産物に関する生産技術指導ならびに経営指導
等が挙げられる。
豚等の小動物と、牛等の大動物はと畜の施設を分けており、それぞれ厳重な清掃・殺菌のうえ、四肢切除、内臓摘出、枝肉検査、洗浄、計量、冷蔵庫保管を行っている。
と畜・解体の処理能力は、大動物が1日に120頭、小動物が1日に1,800頭であり、部分肉加工能力は、大動物は1日に60頭、小動物は1日に1,200頭である。

(5)主な質疑応答

問:と畜処理した際に出る、牛・豚の皮や脂は廃棄しているのか。
答:それぞれ引き取り業者がおり、業者に引き渡している。牛・豚の皮はバッグや衣類に使用される。

問:牛・豚以外の動物は、と畜するのか。
答:基本的には、牛・豚以外の動物はと畜しないが、稀に馬もと畜している。
馬のと畜の際は、牛の処理施設を使っている。

 松岡水産株式会社(銚子市)

(1)日時:平成30年12月13日(木曜日)15時30分~16時40分

(2)調査項目:ファストフィッシュ商品の製造について

(3)経過

初めに、松岡水産株式会社代表取締役社長よりあいさつがあった。続いて、工場長の案内により第1工場及び第2工場を視察し、概要説明があった。

(4)事業概要

松岡水産株式会社は、健康をイメージして、文化遺産にも登録された「和食」につながる「魚食」をコンセプトにしている。魚調理に対する「時間がない」「調理の仕方がわからない」「日持ちがしない」などといったニーズに応えた、食べやすい製品づくりをしており、また、高齢化の進む昨今、和食、魚食を普及させることは、健康増進と医療費の抑制にもつながると考えている。
主な取引商品は、鮭・サバ・サンマ・ホッケが主力で焼き魚、煮魚として製品化している。ハサップ対応の認証を受けており、衛生面には大変気を使っている。

(5)主な質疑応答

問:この仕事で一番難しい事、課題は何か。
答:一つは円安である。原材料費が上がり、5年前と比べ、1日で200万円ほど高くなっている。食品の地場産業にとって、円安は大きな課題である。
もう一つは、人手不足であるが、技能実習生の制度改正により解消傾向にある。松岡水産株式会社では、技能実習生に対し、食事や寮を提供するなど環境整備にも努めている。

問:製品づくりには手間暇かかっているが、その製品の流通や開発は効率的に行えているのか。
答:商談は直接行っているほか、問屋を通じた流通も行い、新製品の開発も自社で行っている。介護施設での利用も増えている。

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

戸村勝幸

自民党

副委員長

小路正和

自民党

委員 酒井茂英 自民党

委員

宍倉

自民党

委員 石毛之行 自民党
委員 秋林貴史 公明党
委員 谷田川充丈 千翔会

随行

所属・職名

氏名

備考

農林水産部長

半田徹也

 

農林水産部農林水産政策課長

山口幸治

 

農林水産部水産局長 山﨑明人  
農林水産部水産局水産課長 根本  
農林水産部畜産課長 富田耕太郎  
農林水産部畜産課企画経営室長 島田  
農林水産部農林水産政策課副課長 議事課主幹(併任)
議会事務局政務調査課主査

進藤美香

 
議会事務局議事課主事

宮本

 

 日程表

月日

場所

備考

12月13日 県議会   12時30分  
株式会社千葉県食肉公社 13時40分 14時35分 調査
松岡水産株式会社 15時30分 16時40分 調査
県議会

18時40分

   

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願・陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から
「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?