サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年1月18日

環境生活警察常任委員会県内調査報告書

平成29年12月18日

千葉県議会議長高伸太

環境生活警察常任委員会委員長沢裕隆

本委員会が所管事務調査のため、県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. 用務:環境生活警察常任委員会県内調査
  2. 調査先:千葉県警察本部刑事部科学捜査研究所及び総務部広報県民課音楽隊(千葉市中央区)
  3. 期間:平成29年12月15日(金曜日)
  4. 概要:別添のとおり

参加者名簿

日程表

調査の概要について

 千葉県警察本部刑事部科学捜査研究所及び総務部広報県民課音楽隊(千葉市中央区)

(1)日時:平成29年12月15日(金曜日)15時15分~16時40分

(2)調査項目:科学捜査研究所の業務及び音楽隊の奏練について

(3)経過

学捜査研究所会議室にて所長から業務概要について説明があった後、各科施設を視察した。その後、音楽隊合同演奏場に移動し、音楽隊の奏練を視察した。

(4)概要説明

ア 科学捜査研究所
科学捜査研究所の概要】
 科学捜査研究所は、昭和55年に当時の鑑識課から分離独立し現在の体制となり、平成2年に分庁舎へ移転した。
 本年4月及び10月には、クリーンルームを増設し、平成2年当時と比較し、約1.5倍の広さとなった。
 また、有効な捜査の一つであるDNA型鑑定が多くなってきたことから、解析室を3室、検査室を5室に増設し、効果的な対応ができるようにしている。
 現在の体制は所長以下58名で、内訳は警察官10名、研究員46名、一般職員が2名となっている。
 業務内容については、科学捜査に関する調査研究及び犯罪捜査の鑑定検査を行っている。
 各科の主な業務は、法医科はDNA型鑑定や画像解析鑑、化学科は油類、火薬、危険薬物等の鑑定、物理科は火災、爆発の原因究明や交通事故の鑑定、文書科は筆跡鑑定やプリンターの鑑定、心理科はポリグラフ鑑定及び犯罪プロファイリングを行っている。
 科学捜査研究所は、事件現場から収集された資料を鑑定し、証拠の価値を高め、客観的な証拠によって捜査を支えているという役割を担っている。
 本年11月末現在の鑑定の受理状況は、資料数約1万4,000点であり、そのうち約7,600点を法医科で受理しており、ほとんどがDNA鑑定であった。次いで約4,000点を化学科で受理しており、ほとんどが危険薬物であった。
 平成29年度の県費の予算は約4,500万円で、主な経費は鑑定資器材のリースである。本来鑑定に係る経費は国費で賄われるが、迅速に的確な鑑定を行うため、不足部分を県費で負担している。
 平成29年中の研究発表については、6件の研究を行っている。今後、実際の鑑定に、より効果的に活用できるよう研究を進めている。

【各科施設の視察内容】
<1>法医科
年10月に増設された解析室及びクリーンルームの視察及びDNA型鑑定の手順についての説明。
<2>化学科
険薬物の鑑定方法及び分析機についての説明、工業製品の鑑定方法及び分析機器についての説明。
<3>物理科
焼実験室にて小麦粉による粉じん爆発の視察。
<4>心理科
リグラフ検査についての説明。

イ 音楽隊
 警察音楽隊は昭和45年の発足以来、県内各地で幅広い広報活動を行っている。
 音楽隊の広報は、交通安全や防犯、さらには様々な施策に伴うキャンペーンの要請を受けるとともに、災害への備え、警察官募集広報も含め、音楽を通じ、県民に分かりやすく心に響く広報に努めている。また、小中学校の芸術鑑賞会への派遣要請もあり、不審者への注意などを促している。
 常々、派遣先で注意を呼び掛けているのは、交通事故防止であるが、交通事故の発生状況をしらせるとともに、パネルを使用して視覚的に印象に残るような広報も行っている。
 また、現在、電話de詐欺の被害防止の緊急対策を実施しているが、音楽隊ではパネルやチラシを活用したり、被害防止ソングを演奏するなど、積極的に広報活動を行っている。

(5)主な質疑応答

問:粉じん爆発は静電気でも起こるのか。
答:静電気で起こることもある。

問:ポリグラフの鑑定官は何名程度いるのか。また、ポリグラフ検査を行うには本人の同意が必要となるのか。
答:鑑定官は多くの県で1,2名、大規模県で3~4名である。また、ポリグラフ検査の実施には本人の同意が必要となる。

問:音楽隊の職員の構成はどのようになっているのか。
答:定員28名のうち、警察官が3名、専門の一般職が25名となっている。

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

中沢裕隆

自民党

副委員長

鈴木

自民党

委員

河上 茂

自民党

委員

信田光保

自民党

委員

江野澤吉克

自民党

委員

鈴木陽介

民進党

委員

藤井弘之

公明党

委員 ふじしろ政夫 市民ネット・社民・無所属

随行

所属・職名

氏名

備考

環境生活部環境政策課副課長

太田信春

議事課主幹(併任)
警察本部総務課理事官

宮島由明

議事課主幹(併任)
議会事務局総務課副主幹

常枝のり子

 
議会事務局議事課副主査

高山千夏

 

 日程表

月日

場所

備考

12月15日 県議会   15時00分  
千葉県警察本部科学捜査研究所及び音楽隊 15時15分 16時40分 調査
科学捜査研究所の業務及び音楽隊の奏練について
県議会

16時55分

   

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願・陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から
「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?