サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年1月7日

文教常任委員会県内調査報告書

平成30年12月18日

千葉県議会議長吉本

文教常任委員会委員長

本委員会が所管事務調査のため、県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. 用務:文教常任委員会県内調査
  2. 調査先:加曽利貝塚(千葉市)
  3. 期間:平成30年12月17日(月曜日)
  4. 概要:別添のとおり

参加者名簿

日程表

調査の概要について

 加曽利貝塚(千葉市若葉区)

(1)日時:平成30年12月17日(月曜日)14時50分~16時10分

(2)調査項目:国指定特別史跡加曽利貝塚の保存整備と普及啓発について

(3)経過
めに、移動中の車内で、加曽利貝塚の概要について文化財課副課長の説明を受けた。
察地に到着後、館長及び委員長からのあいさつの後、館長からの概要説明を受けながら、貝塚及び博物館内施設の見学を行った。

(4)概要説明
曽利貝塚は国の特別史跡に指定されており、約5千年前の縄文時代中期の環状貝塚である北貝塚と約4千年前の縄文時代後期の馬蹄形貝塚である南貝塚からなる国内最大級の貝塚である。集落の中で時期の異なる貝塚が2つ隣接しており、非常に珍しいものとなっている。
貝塚は、日本全国で約2,400カ所、うち約700カ所が東京湾沿岸、特に千葉県側に集中している。千葉市には123カ所あり、全国一となっている。
加曽利貝塚は、昭和30年代後半の開発ラッシュ時に保存運動が起こり、署名活動などを経て昭和40年に市が全面保存を決定しており、市民運動によって残った史跡であるということで意義が高いものとなっている。
貝塚は、貝が山状に人為的に積み上げられており、68種類以上の貝が含まれている。全体の85%を占めるイボキサゴ(小さな巻き貝)を狙って採っていることがわかっており、千葉市周辺の貝塚の大きな特徴である。
当初、貝塚は縄文人のごみ捨て場だと考えられていたが、海辺にある貝塚ではなく、海から5キロメートル以上離れた遠い村へ貝を持ち帰っていることや、埋葬された人骨、犬の骨、欠けた石器、土器が一緒に入っていることから、現在は貝塚が単にごみ捨て場であるという見解は正しくないとされている。アイヌの民族が行っているモノ送りの儀式(貝と一緒に用途が終わった道具などをあの世に送る儀式:イオマンテ)が縄文時代にも行われていたのではないかという説もある。
加曽利貝塚のE地点ではじめて発見された「加曽利E式土器」については、年代の区切り方や名前の付け方が地域や研究者によって異なるため、全国的な統一基準を示せるよう今年度から独自に研究を始めたところである。
加曽利貝塚では、昨年度から半世紀ぶりに学術調査を開始し、今後計画的に続けていく予定である。今年も8月から11月末まで、南貝塚の発掘調査を行い、調査日誌を毎日ホームページ上で発信するとともに、11月末には現地で見学会を行い、一日で約550人が見学に来た。来年3月には企画展を開催する予定である。
加曽利貝塚には、博物館友の会、ガイドの会、土器づくり同好会といった支援団体があり、博物館の活動を支えてもらっている。

(5)主な質疑応答

問:全国で貝塚のない都道府県はどこか。
答:全国で奈良、山梨、山形県の3県には貝塚がない。貝塚の場所は、縄文時代の人口の集中地域と重なっている。縄文時代以外では、沖縄県が圧倒的に多い。

問:まだ発見されていない貝塚はあるのか。全国的にこれから貝塚が発見される可能性はあるのか。
答:土砂の堆積が厚い低地には未発見の貝塚がまだあると思う。特に西日本は、今後見つかる可能性がある。

問:加曽利貝塚ではなぜ、発掘した遺構をまた埋め戻しているのか。
答:遺構は、露出したままだと、すぐに破損してしまうので、直射日光を浴びさせないよう覆い屋で覆うか、埋め戻すことにより、遺構を保存している。

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

茂呂

自民党

副委員長

中村

自民党

委員

中台良男

自民党

委員

小野﨑正喜

自民党

委員

横堀喜一郎

千葉民主の会

委員

横山秀明

公明党

委員

守屋貴子

立憲民主党

委員

ふじしろ政夫

市民ネット・社民・無所属

委員

川名康介

無所属

随行

所属・職名

氏名

備考

教育長

澤川和宏

 

教育振興部文化財課長

古泉弘志

 

教育振興部文化財課副課長

加納  

企画管理部財務課副課長

西原正男

議事課主幹(併任)

議会事務局総務課調整班長

福嶋

 
議会事務局総務課主事

長谷川釈里

 

 日程表

月日

場所

備考

12月17日 県議会   14時35分  
加曽利貝塚

14時50分

16時10分

調査

県議会

16時30分

   

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願・陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から
「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?