サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月30日

文教常任委員会県内調査報告書

平成29年10月3日

千葉県議会議長高伸太 様

文教常任委員会委員長

本委員会が所管事務調査のため、県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. 用務:文教常任委員会県内調査
  2. 調査先:県立船橋高等学校(船橋市)
  3. 期間:平成29年10月2日(月曜日)
  4. 概要:別添のとおり

参加者名簿

日程表

調査の概要について

 県立船橋高等学校(船橋市)

(1)日時:平成29年10月2日(月曜日)16時30分~18時00分

(2)調査項目:県立船橋高等学校の給食実施状況について

(3)経過

 初めに、県立船橋高等学校第1会議室において斉藤委員長からあいさつが行われ、校長からあいさつ及び概要説明を受けた後、質疑を行った。
 その後校内を視察し食堂へ移動し、給食の試食を行った。

(4)概要説明

【校長あいさつ及び学校概要説明】
 本校の定時制課程は1学年3学級であり、県内の定時制高校の中で最も学級数が多い。現在の在籍者は254名(男子158名、女子96名)で、年齢層も新卒者から60代と幅広い。日本語を母語としない生徒も20名弱おり、また、一人親家庭が半数近くを占めている。中には虐待等の問題を抱えた家庭もあり、市や児童相談所とも連携をとっている。生徒については、正規の職についている者は少なく、アルバイトが50%以上を占める。
 給食の実態については、今年度9月現在の喫食率が31%である。年度当初は6割ほどだったが、さまざまな事情で減少している。新入生からは入学後4カ月分の給食費を徴収しているが、宗教上の問題、アレルギー、偏食等の理由により喫食者が減ってきている。27年度の喫食率は56%、28年度が43%、29年度が9月時点で31%と減少傾向にある。昨年度は、業者に依頼して温かい給食を食べられるようにしてもらうなどの工夫をしたことで、喫食率が上がったこともあった。
 給食の時間は18時10分~18時30分と短い時間ではあるが、3食をきちんと食べる生徒が少ない中、生徒たちの食の支えとなっている面もある。
   昨年アンケートをとった結果、夕食を何時にとっているかという質問に対し、一番多かった答えが午後10時台で、4分の1強を占めた。学校で夕食をとっているという生徒は22%であった。1日に何回食事をとっているかという質問に対しては、2食という答えが37%、2、3食が12%、3食が19%であった。朝食を必ず食べるという生徒は27%で、食育の観点からは非常に厳しい結果であった。

(5)主な質疑応答

問:平成29年9月現在の喫食率は31%とのことだが、学年ごとに算出しているのか。
答:平成29年9月現在で、1年生:40%、2年生:24%、3年生:37%、4年生:16%である。

問:一食あたり310円という額は、学校ごとに異なるのか、また、平均的な金額か。
答:一食あたりの額は学校ごとに異なり、船橋高等学校の場合はほぼ平均額である。

問:給食を食べない生徒のうち、経済的理由による生徒はどの程度いるのか。
答:平成28年度9月に実施したアンケートでは、25%程度(重複回答)である。

問:生徒の切実な声として、給食を楽しみにしている、給食がないと困るなど、生徒からの強い要望はあるか。
答:特に上級生では仲間と一緒に食べたいという気持ちが感じられる。また、大事な食の場と考えている。

問:食堂で一緒に給食を食べること以外にコミュニケーションの機会はあるか。
答:スポーツ大会や部活動でのつながりが大きいと感じる。

問:家から弁当を持参する生徒はいるのか。
答:ほぼいないと思われる。

問:昔からの定時制の給食のあり方を、社会状況が大きく変わっても同じように実施しようとすると困難が生じてくると思うがどうか。
答:この10年ほどで不登校の生徒や日本語を母語としない生徒の受け皿となるなど、定時制の存在意義も変わってきていると感じる。また、法令等での給食の取り扱いが変わらない中、特にバブル崩壊後あたりから、生徒側の状況が大きく変化しており難しい部分がある。

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

斉藤

自民党

副委員長

山本義一

自民党

委員

吉本

自民党

委員

中台良男

自民党

委員

小池正昭

自民党
委員

安藤じゅん子

民進党
委員

横山秀明

公明党
委員

加藤英雄

共産党
委員

小宮清子

市民ネット・社民・無所属
委員

川名康介

無所属

随行

所属・職名

氏名

備考

教育長

内藤敏也

 

教育振興部次長

櫻井博幸

 

企画管理部財務施設課長 櫻井和明

 

教育振興部学校安全保健課長 藤谷  

企画管理部財務施設課副課長

西原正男

議事課主幹(併任)

議会事務局総務課主査

海宝祐美

 
議会事務局政務調査課副主査

木内宏美

 

 日程表

月日

場所

備考

10月2日 県議会   15時30分  
県立船橋高等学校

16時30分

18時00分

調査

県議会

19時00分

   

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願・陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から
「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?