サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 文教常任委員会 > 平成25年9月文教常任委員会県内調査報告書

更新日:平成30(2018)年8月6日

平成25年9月文教常任委員会県内調査報告書

平成25年10月15日

千葉県議会議長

文教常任委員長

本委員会が県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. :文教常任委員会県内調査
  2. 調査先:千葉県立美術館(千葉市)
  3. :平成25年10月11日(金曜日)
  4. :別添のとおり

参加者名簿

日程表

調査の概要について

 千葉県立美術館(千葉市)

(1)日時:平成25年10月11日(金曜日)15時30分~16時47分

(2)調査項目:県立美術館耐震改修工事等の状況について

(3)経過

バスの車中にて、内田委員長から視察のあいさつが行なわれ、次に、湯淺文化財課長から、県立美術館の簡単な概要説明があった。
その後、耐震性の向上のために行っている、建物の躯体の補強、屋根の素材の変更による軽量化、柱の補強状況等について、改修工事を担当している工事業者等から説明を受けながら県立美術館の改修工事個所等を視察した。

(4)調査の概要

【概要説明】
県立美術館は、昭和49年に第1期工事として展示棟が竣工し、同年4月1日に県立美術館として機関設置され、同年10月23日に開館した。
昭和51年に第2期工事として管理棟、昭和55年に第3期工事としてアトリエ棟が完成し、さらに昭和63年には第4期工事として展示室、収蔵庫、機械室が完成した。
かし、平成18年度の耐震診断の結果、耐震強度不足が指摘され、また、経年劣化による施設老朽化も進んでいることから、建築・電気設備・空調設備等の改修工事を行う。
立美術館は、千葉県ゆかりの美術資料を中心として体系的に収集、保管して後世に継承するとともに「みる、かたる、つくる」活動により新たな知見を創造し、美術情報を発信する。さらに、この美術活動をとおして美術を愛する人材を育成し、県民の学習および地域づくりを支援する。
在、収蔵作品は約2,400点あり、各作品を3年に1度は展示できるようにしている。
た、今年度は改修工事を実施していることから、通常、年1回行っている移動美術館を、7回実施する予定である。

【改修状況の概要】
●建築工事については、耐震改修として展示棟・アトリエ棟の屋根材の変更による軽量化や耐震補強壁の設置により、耐震化を行っている。
改修工事として屋根防水、壁面・天井、展示室床改修等を行う。
●電気設備工事については、重変電設備更新、非常用発電設備更新、発熱量、紫外線が少なく美術品への影響の少ないLED照明の導入をしている。
●機械設備工事については、空調設備の熱源機器等の更新、消火設備のハロンガスの容器の更新を行う。

(5)主な質疑応答

問.屋根材を変更することにより、どの程度の軽量化が図れるのか。
答.天然スレートからアルミプレートに変更することにより、従来の半分程度の重量となる。

問.空調設備関係はどのような工事をするのか。
答.公社での業務運営経験等も参考に、関係者が集まって研究会を開催しているが、まだ検討を始めたばかりである。

問.現在の施設について、問題点はあるか。
答.空調については、基本的には美術品を守るための空調となるため、外には出さずに、床の下に配線を通して、横の壁から湿気を吸い込んだり出したりして調整することになる。また、虫や菌についての対策に重点を置いている。

問.照明関係も建築工事と同時に行うのか。
答.蛍光灯をLED照明に変更することにより、約15%の省エネとなり、かつ、紫外線がなくなることから美術品への影響が少なくなる。
照明の設置作業は天井の工事後に行うことになるが、配線については建築工事と同時に行う。

問.地震による液状化や高潮による水没などには、大丈夫か。
答.液状化については、前回の東日本大震災でもほとんど影響がなかったため、問題はない。また、津波のシミュレーションでは、最大2.5~3.0メートルであるが、県立美術館周辺は海抜から約3メートルの位置にあり、かつ、県立美術館はさらに約0.5メートル高い位置にあるため、大丈夫である。

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

内田悦嗣

自民党

副委員長

斉藤

自民党

委員

阿部紘一

自民党

委員

岡村泰明

自民党

委員

吉本

自民党

委員

西田三十五

自民党

委員

石井宏子

民主党

委員

矢崎堅太郎

民主党

委員

秋林貴史

公明党
委員

岡田幸子

共産党
委員

川井友則

みんな

随行

職名・所属

氏名

備考

教育次長

松本芳昭

 

教育庁教育振興部文化財課長 湯淺京子  
教育庁教育振興部文化財課
学芸振興室主幹兼室長
萩原恭一  

教育庁教育振興部文化財課
学芸振興室副主幹

植野英夫

 

教育庁企画管理部財務施設課副課長 上田敏彦 議事課主幹(併任)

議会事務局議事課主査

安部香織

 

議会事務局政務調査課主査 草野秀夫  

議会事務局総務課主任主事

市村亮太

 

 日程表

文教常任委員会県内調査日程表

月日

場所

備考

6月25日

県議会

 

15時22分

 

千葉県立美術館

15時30分

16時47分

調査

県議会

17時10分

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願・陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から
「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?