サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 千葉県議会 > 会議の概要|県議会 > 各種委員会 > 常任委員会 > 文教常任委員会 > 平成24年9月文教常任委員会県内調査報告書

更新日:平成30(2018)年8月6日

平成24年9月文教常任委員会県内調査報告書

平成24年10月10日

千葉県議会議長

文教常任委員長臼井

本委員会が県内調査を実施したところ、その概要は下記のとおりでした。


  1. 用務:文教常任委員会県内調査
  2. 調査先:ちばアクアラインマラソンコース(木更津市・袖ケ浦市)
  3. 期間:平成24年10月9日(火曜日)
  4. 概要:別添のとおり

調査の概要について

ちばアクアラインマラソンコース(木更津市・袖ケ浦市)

(1)日時:平成24年10月9日(火曜日)13時22分~16時23分

(2)調査項目:ちばアクアラインマラソンのコースの特徴と大会の準備状況について

(3)経過

バスの車中にて、臼井委員長から視察のあいさつが行なわれ、次に、石渡体育課長から、ちばアクアラインマラソンの簡単な概要説明があり、質疑等が行われた。

の後、バスにてコース上を走行し、コースの特徴を把握するだけでなく、ポイントとなるスタート地点(潮浜公園)や給水ポイント(ゆりの里)等では下車し、説明を受け、また、給水・給食場所、救護場所、関門等の場所、当日の警備状況等を車中にて、説明を受けるなど、大会の準備状況等を視察した。

(4)調査の概要

【ちばアクアラインマラソンの概要説明】資料を参照しながら説明。
主催は、千葉県、千葉県教育委員会であり、共催は、開催市である木更津市と袖ケ浦市、両市の教育委員会、東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会である。
企画・運営は、ちばアクアラインマラソン実行委員会で、主管は、千葉陸上競技協会である。
日程は、平成24年10月21日、10時スタートで、16時競技終了予定である。スタートは潮浜公園前、木更津市役所がフィニッシュとなる。強風、不慮の事故等で、アクアライン橋梁部を走行できない場合は、一般道のみのスリ―クォーターマラソン(31.646km)となる。
当日のTV放映は、TBSテレビ・NHK-BS1で、千葉テレビは生中継で放映する。
加資格、制限時間は、大会当日、18歳以上の男女(高校生は除く)で、制限時間は、スタート号砲から6時間、円滑な一般交通と競技者の安全確保のため、関門を7カ所設けている。
加ランナーは、15,811人、一般ランナー、招待選手、ゲストランナー、がんばろう千葉応援大使(関議員をはじめ県議会議員8名)である。
彰は、男女各1~8位の表彰とこのマラソンの目玉である各年代別1歳刻みの男女1位を表彰する予定である。
ャリティーについては、当選された方にメッセージを書き込めるナンバーカードを購入していただき、500円をチャリティーとして、またポロシャツも購入金額のうち300円をチャリティーとして、震災支援のため日本赤十字社千葉県支部へ寄付させていただく予定である。
競技役員・ボランティア・大会運営員は、約5,000人である。競技役員は、千葉陸上競技協会約500人、ボランティアは、地元住民、スポーツ団体、一般、企業、県議会議員の総勢約3,200人、大会運営委員は、県と市の職員併せて約1,200人が運営にあたる予定である。
競技運営は、コースマップにも記載のとおり、給水所15カ所、給食所4カ所、救護体制として、救護所14カ所、トレーナーブース、AEDモバイル隊、BSL隊、外傷処置隊、ランニングドクター、救護車等配置する予定である。
応援イベント、千葉の魅力発信については、プログラムに記載してあるが、9時50分からスタートセレモニーやランナーを労うフィニッシュイベント、7カ所でご当地キャラクターによる応援がある。コース沿道でのイベントでは、アウトレット付近に大多喜甲冑隊、袖ケ浦公園付近で伊能忠敬応援隊、農産物の給食を提供する予定である。また、木更津市立小中学校の15校の児童・生徒約5,000人が手作り横断幕等で応援してくれる予定である。
通規制関係として、午前8時から午後2時まで東京湾アクアラインの川崎浮島JCTから袖ケ浦IC間は通行止め、海ほたるは、午前6時から閉鎖、一般道は、午前7時から午後4時以降、選手通過時間等にあわせ通行止めを実施する。
通規制の告知は、ポスター、チラシ等で行っている。

【コースの概要】
木更津市民会館(メイン会場)通過
イベント会場をバスの中から確認した。

木更津市役所(フィニッシュ地点)通過
フィニッシュ場所をバスで通過し、フィニッシュの救護所、給水場所を確認した。
手荷物場所を確認し、ランナー動線(スタート・フィニッシュ会場案内図の赤い線)に沿って、スタート地点に移動した。

潮浜公園(スタート地点)下車
タート地点を確認した。15,000人のランナーを誘導するため、A~Kまでブロックにわけ、A~Cブロック(タイムが速いランナー)とD~Kブロックの2つの経路でスタート地点に誘導する予定と説明を受ける。
議員は、Dブロックからのスタートであり、1ブロック100mで、全てのランナーがスタートするまでに20分を予定していると説明を受ける。
議会議員による給水場所は、スタート付近であると説明を受ける。
コースに沿って、バスで移動し、応援ポイント、給水所、関門等確認した。

うみほたるパーキングエリア(給水所、関門)下車
クアライン上は海面10mから40mまで登り下るコースである。
橋の上の安全対策として、欄干から3mの箇所に10mごとに人を配置し、ランナーが海に近付かないよう、また、緊急車両の通行を確保していると説明を受けた。
海ほたるPAは、折り返し地点で、折り返しの動線、第2・3関門を確認した。

アウトレットパーク(給水所、千葉の魅力発信)通過
この付近の給水の水は、消防署や一般家庭からの提供と説明を受ける。

袖ケ浦市ゆりの里(ご当地キャラクター応援)下車
車場で当日イベント開催し、前日は袖ケ浦市がイベントを開催する予定との説明を受ける。
32km過ぎは、アップダウンが激しいコースが続く。

ほたる野(給水所・県農産物提供所)通過
登り坂が何度も続き、コース上で一番高い場所(44m)もこの地区である。県農産物のピーナッツ等を提供する予定であると説明を受ける。
44mを過ぎた後の急な下り坂付近には、救護所を設置する予定であると説明を受ける。

君津学園(給水所、関門)通過
第6関門、制限時間まで45分を設定していると説明を受ける。

清見台地区(最後の難所)通過
コース上の最後の難所といわれる高低差を確認した。約1kmも続く登り坂を実感。

イオン木更津店(給水所、関門)通過
最後の第7関門、制限時間まであと25分を設定していると説明を受ける。

木更津市役所(ゴール付近)通過
往路で確認したため、通過した。

(5)その他

BAY-FMで先日放送された「アクアラインマラソンの広報番組」を聞きながら、県庁に帰庁した。(アクアマラソン実行委員長が出演。)

(6)主な質疑応答

問.BSL隊とは何か。
答.一次救命処置隊のことである。徒歩で救命処置をするためにコースに配置している。

問.木更津市役所内駐車場は、当日使用できるのか。
答.市役所の駐車場は、ランナーの荷物置き場となる。

問.タイムの計測は、どのように行うのか。
答.タイムは、グロスタイムとネットタイムの両方を計測する。
グロスタイムは、スタートの合図からゴールするまでに要した時間である。ネットタイムは、スタートラインからゴールまでに要した時間であり、各選手につけてもらうチップにより、その時間が計測される。なお、年齢別の表彰は、チップによる計測時間により決定するので、後日となる。

問.コースは、陸上競技協会が考えたのか。
答.県が考えた。実際に歩き、警察と協議しコースを検討した。

問.当日スタート付近の交通規制は、どうなっているのか。
答.当日スタート付近は、7時から全面交通規制である。
看板等で告知済みである。(バスから看板を実際に確認)

ページの先頭へ戻る

 参加者名簿

委員

職名

氏名

会派

委員長

臼井正一

自民党

副委員長

松下浩明

自民党

委員

宇野

自民党

委員

吉本

自民党

委員

斉藤

自民党

委員

自民党

委員

湯浅和子

民主党

委員

矢崎堅太郎

民主党

委員

石川信一

公明党
委員

岡田幸子

共産党

委員

川井友則

みんな

随行

職名・所属

氏名

備考

教育長

瀧本

 

教育庁企画管理部財務施設課長

加瀬博夫

 

教育庁教育振興部体育課長

石渡敏温

 

教育庁教育振興部副参事兼体育課

ちばアクアラインマラソン準備室長

由利  
教育庁教育振興部体育課副課長 児玉菊雄  
教育庁教育振興部体育課副主幹 佐藤道広  

教育庁企画管理部財務施設課副課長

鎌田

議事課主幹(併任)

議会事務局議事課主査

江波戸春美

 

議会事務局総務課副主査

古山恭子

 

ページの先頭へ戻る

 日程表

文教常任委員会県内調査日程表

月日

場所

備考

10月9日

県議会

 

13時22分

 

アクアマラソンコース(潮浜公園~木更津市役所~

海ほたる~袖ケ浦市ゆりの里~木更津市役所)

14時20分

16時23分

調査

県議会

17時30分

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:議会事務局議事課委員会班

電話番号:043-223-2518

ファックス番号:043-222-4073

・議員個人あてのメール、ご意見、ご質問はお受けできません。
・請願・陳情はこのフォームからはお受けできません。「県議会のあらまし」から
「請願・陳情」のページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?