ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

専門看護師

がん看護専門看護師

/gan/shinryoka/kango/images/nisi_pp.png

西 育子(にし いくこ)

がん看護専門看護師は、がんの診断を受け様々な問題を持つ人や家族、および、地域の人々に質の高い看護を提供する役割を持っています。がんを持つ人が治療を継続することや、病状や症状に合わせて生活を整えることを、看護スタッフおよび他職種との連携をはかりながら、実践および相談を行います。

私は現在、一般病棟に所属し、手術や化学療法・放射線療法などの治療を受ける方に対し、安心して治療が受けられるような療養のサポート、心配なことの相談・調整、治療や病気に伴い生じるつらい症状を和らげる支援を、スタッフと共に行っています。また、講習会や研究会などを通して、院内外のがん看護に携わる人々の学習を支援しています。多くのスタッフナースと看護を考える機会に恵まれた立場を活かし、がん看護の質向上に尽力したいと思います。


/gan/shinryoka/kango/images/yamada_pp.png

山田 みつぎ

(がん化学療法看護認定看護師)

通院化学療法室の看護師長として、主に管理業務や自部署のスタッフ教育に従事する一方で、組織横断的に看護師や他職種スタッフからの相談を受けています。相談の内容は、治療に伴う多種多様な有害事象のコントロールに関することをはじめとして、複雑な事情を抱える患者さんとその御家族の療養上の問題に関すること、組織のニーズや課題に関することなど、多岐にわたります。また、院内の看護教育プログラムの企画運営や、院外におけるがん看護の均てん化をめざした啓蒙活動など、看護師の学習を支援するための教育的役割を担うと共に、臨床現場において看護ケアシステム導入前後の客観的評価などの研究活動を通じて、がん看護の深奥を窮めたいと日々励んでいます。

私の専門は「がん化学療法看護」です。がん化学療法の領域は、治療目的の拡大や新規抗がん剤の導入、支持療法の進歩など、治療内容の変化が著しいとともに、様々な有害事象が出現しやすいなどの課題もあります。スタッフ個々が化学療法に関する最新の知識を獲得し、経験を積み重ねることで、自信をもって患者さんのケアに邁進できるように、これからもサポートしたいと考えています。


/gan/shinryoka/kango/images/tani_pp.png

谷 宏子(たに ひろこ)

私はおもに当院に入院中、外来通院中のがん患者さんとご家族に対して、在宅療養や緩和医療に関する情報提供、在宅療養支援診療所・訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所などの地域の医療福祉関係機関との連携業務を行っています。

なかでも患者さんやご家族ががんとともに生活する過程で生じる気持ちの揺れに寄り添いながら、正しい病状理解に基づいた意思決定ができるよう支援するとともに、療養中に生じた倫理的問題や葛藤に関する調整にも力を注いでいます。

またリンパ浮腫の患者さんとご家族に対する症状緩和のためのセルフケア指導の実践、院内外の研究活動を基盤としたがん看護に関する教育活動にも取り組んでいます。

一般企業での勤務経験を持つがん看護専門看護師として、がんとともに生きるがんサバイバーの方々の緩和医療を多面的にサポートできるよう、今後も他のスタッフと協同しながら活動していきたいと考えています。


高橋 純(たかはし じゅん)

私は、緩和ケアセンターに所属をしてがん看護外来を担当しています。がんと診断されたと時から切れ目のない緩和ケアが提供できるよう、また、患者さんとご家族が病気とともに生き続けていく過程を少しでも安心して、日々つつがなく生活を送ることができるように支えていきたいと考えています。初診の患者さんには、からだや心の苦痛の把握やそれらの対応に努めています。また、治療中においても痛みやつらい症状で困っている、病気との向き合い方がわからない、もう治療がないと言われて気持ちが落ち込んでいる、今後の療養の場をどうすればよいかわからないなど、様々な問題に直面されると思います。患者さんやご家族の不安やお困り事には、看護面談を行っております。医療スタッフと協働・連携しながら問題を一緒に考え解決策の糸口を見つけていきたいと考えています。

これまでもこれからも患者さんとご家族とのコミュニケーションを大切にしながら寄り添う看護を提供できるよう精進したいと思っています。