ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

中央部門

手術室

がん専門病院としての特殊性を担った手術室であり、がんの一般的知識と手術室看護の両方を兼ね合わせた手術室看護の展開が必要です。現疾患のみではない、転移・再発・繰り返しの手術、化学療法・放射線治療との併用による全身状態の悪化など、患者の手術のリスクは大変高く、手術室看護の役割は重要です。また、多様な手術法の増加・手術機器等にも対応していくことが必要です。

手術を受ける患者全員の麻酔科受診時に同席し、身体的・精神的情報の収集を行うことで術中看護の計画を立案し、また不安と緊張の軽減を図る目的で手術前面談を直接行っています。

ICU

ICUは11床で、手術や全身麻酔の影響で全身状態の管理を必要とする患者様、免疫機能の低下などにより重症管理を必要とする患者様が入室しています。

私達は、患者様が安全・安心して治療が受けられること、そして個別性を重視した思いやりのある看護を日頃より心がけています。

 

外来診療科

入院期間の短縮に伴い治療方針の決定や治療も外来に移行してきており、外来看護の重要性が高まってきています。

様々な場面での意思決定支援や手術前のオリエンテーション、抗がん剤治療等外来治療の有害事象に対するセルフケア能力を高める看護、地域連携パスのオリエンテーション、在宅で過ごすにあたり社会資源の活用が必要な患者には、他の部門と連携して在宅調整等在宅で患者や家族が安心して過ごせることを目的に支援しています。

通院化学療法室

通院化学療法室では、1年間に約16000件の抗がん剤治療を行っています。殆どの患者さんが初回から日帰りで治療を受けられるため、看護師や医師、薬剤師が協働して、患者さんが安全且つ安楽に治療を完遂できるような仕組みづくりに励んでいます。

私たち看護師は、安全で確実な投与管理や副作用の観察を行うとともに、患者さんとの面談を通して、治療を受けた患者さんがご自宅で副作用をうまくセルフマネジメントしながら、その人らしい生活や人生を送れるような支援をめざしています。

左:投薬管理の様子、右:治療中の面談の様子

外来診断部門

診断部門とは、内視鏡及び画像診断部でのIVR、PET、CTで行われる検査や治療等を担当する部門です。近年、内視鏡や画像診断装置の発達に伴い、がんの診断だけでなく、がん治療の分野でもより高度で専門的になり、複雑化しています。食道・胃・大腸のESDをはじめ、消化器系だけでなく気管支鏡でも超音波内視鏡を実施しています。

画像診断部には放射線専門医がおり、選択的血管塞栓術など各診療科医師と協力して治療や検査・診断にあたっております。多種多様な内科的がん治療及び検査が行われ、診断部門の看護師はその介助や患者の安全を確保しながら、安心して検査・治療が受けられるように専従配置され、専門的な知識や技術を習得しながら、各診療科医師・放射線専門医師・放射線技師とチームワークを大切にして患者の検査・治療の一端を担っています。