ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

病棟の看護

東2階

IMRT装置

東2階病棟は放射線科、頭頸科、消化器内科、核医学の混合病棟です。

頭頸科は呼吸、食事、会話、視覚など日常生活を営む上で大切な機能を損なわれる疾患です。治療は手術だけでなく放射線化学療法の併用療法があり、治療が完遂できるように有害事象の評価とケアが重要になります。頭頚科・放射線科・化学療法科の外来看護師と病棟看護師及び医師とのチーム医療を行っています。

身体だけでなく、精神的な関わり、セルフケアは入院中だけでなく、退院し地域に戻ったとき患者さんや家族が困らないように、吸引器などの器材や社会資源がスムーズに活用できるよう療養環境を整え、笑顔で退院できるように目指しています。

消化器内科は内視鏡による早期がんの治療と化学療法の副作用コントロールとセルフケア習得のための入院が主になります。症状が緩和し、希望する療養場所が選定できるように在宅調整担当看護師とともに患者さん、家族の支援を行っています。

核医学は甲状腺がんに対して、ヨード治療を行います。繰り返し治療を受ける患者さんも多く、治療継続を支援する看護が重要となります。

東3階

東3階夏祭り写真泌尿器科と婦人科、整形外科で手術・化学療法が中心の混合病棟です。手術や化学療法を受ける患者さんにクリティカルパスを運用することで在院日数の短縮がすすんでいますが、より質の高いケアの提供を目指して看護に取り組んでいます。

泌尿器科・婦人科は、性特有の臓器を失う喪失感や機能障害を抱え、生活の再構築を必要とするため、早期から心理的・社会的アプローチが実践できるように他部門との連携を行っています。また、入院中の患者さんとともに、四季折々の行事にも積極的に参加しています。

東4階

東4階病棟は、腫瘍血液内科と呼吸器科の2科で、化学療法が中心の病棟です。治療は長期にわたることが多く、入退院を繰り返しながら治療を続けています。

大量化学療法後に末梢血幹細胞移植を行っており、全身状態のアセスメントを行い、安全に治療を受けることができるようにすること、闘病意欲を支えることが、看護師の重要な役割です。また、患者のセルフケア能力を高めるために、抗がん剤の有害事象の出現時期と対処方法を習得できるように援助しています。

西3階

西3階病棟は平成23年5月より消化器外科と整形外科の病棟に変わりました。

消化器外科では、消化吸収や代謝にとって重要な肝臓・膵臓・胆道系及び食道の疾患に対して手術療法を中心に行っています。術後は早期離床を促し在宅療養への回復過程において、患者や家族のニーズに合わせた看護を行っています。特に食事に対する期待は大きく、食事の形態や経口摂取の工夫など栄養サポートチームが関わり栄養の評価をして退院後の食事指導も行っています。

整形外科は、学童期から老年期までの幅広い年齢の患者に対して手術療法・化学療法・放射線療法を行っています。
手術で失った機能を回復するために理学療法士・作業療法士・マッサージ士と日常生活動作にあわせたリハビリテーションを行っています。

自宅環境を把握したうえで退院時のADLを想定し、介護申請の導入や介護者への支援も勧めています。学童期の患者には、体調に合わせた院内学級の授業を行うことができるように転校手続をしていただいています。患児を持つ親への心理的サポートとして臨床心理士の介入を依頼する事もあります。

両科共に、医師とカンファレンスは行っていますが、緩和支援チームや栄養サポートチーム・リハビリ専門領域のスタッフと連携し、チームでの治療や看護を行い、患者サービスの向上を目指しています。

レディース病棟の時から続けている季節毎の壁紙は、患者さんも一緒に作成し出来上がるのを楽しみにしています。

西4階

西4階病棟1西4階病棟は病床数41床から成り、呼吸器外科と脳神経外科の混合病棟となっています。

呼吸器外科では、主に手術・検査を受ける患者さんが入院しています。術前は不安の軽減を図り、手術を無事に迎えられるような援助を行っています。術後は呼吸器症状や痛みのコントロールを図り、一人ひとりの回復に合わせた看護を取り組んでいます。

(左の写真はスーフルを使用した術前呼吸訓練風景)


西4階病棟2

脳神経外科では、手術後の急性期からリハビリテーションが必要な回復期までの幅広い患者さんが入院しています。あらゆる機能障害が生じてしまった患者さんの退院調整を円滑に進める為に、様々な職種とカンファレンスを行い、統一した治療の方向性を共有できるように努めています。

(左の写真は日常生活動作の介助風景)

西5階

早期離床

西5階病棟は、消化器外科・内科の混合病棟です。主に胃と大腸の手術を受けられる患者さんや内視鏡治療や化学療法を行う患者さんが入院しています。

クリニカルパスを適応し、医師や多職種のスタッフと協働して外科的治療や内科的治療が安全・安楽に受けられることを目標に看護を行っています。

手術後は回復に向けて、できるだけ早期に離床をすすめています。また食事や排泄という日常的に欠かすことのできない機能障害を伴いますので、管理栄養士や皮膚・排泄ケア認定看護師への相談を行い、退院後の生活に困らないように関わっています。

さらに、退院後の生活に不安を抱えている患者さんやご家族には、希望に応じて訪問看護・訪問診療が受けられるように、在宅支援看護師やがんサポートチームと連携し在宅支援を行っています。

栄養指導

西6階

西6階からの夕焼け富士山

消化器内科と乳腺外科の病棟ですが、平成25年度より形成外科も加わりました。

 

消化器内科は内視鏡治療や抗がん剤治療の患者さんが多く、乳腺外科はそのほとんどが手術を受ける患者さんの入院となっています。形成外科は主に再建術を担っており、乳房再建術やリンパ管再建術の手術を受ける患者さんが入院してきます。

急性期治療の病棟ではありますが、抗がん剤や放射線によるがん治療、またがん治療による副作用や苦痛を緩和する「緩和治療」にも力をいれています。患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、今ある時間が患者さんとご家族にとって穏やかな時間となるように、緩和支援チームや在宅支援センターの協力を得て、在宅療養に向けた準備を早期から行なうように心がけています。

西6階はがんセンターの中でも最上階にあるため、夏は花火が見えたり、冬は雪化粧した富士山が見えたりと、眺めの良い病棟です。

緩和医療科

緩和医療センターは、がん患者と家族のQOL(生活の質)の改善を図るための医療を行う場です。疼痛や呼吸困難・不眠などの症状が緩和されるように症状のアセスメントをはじめ、患者とご家族の状態を把握し、治療の評価をしながら日常生活の援助を行っております。

日々のカンファレンスでは、医師をはじめクラークや多職種の方と情報交換をし、意見を反映させながら看護を展開しております。季節の行事やピアノの演奏会、ボランティアの方のティーサービスなどは、苦痛を和らげるケアの一つとして大切にしております。

患者さんの「家族との時間を大切にしたい」という気持ちを尊重し、在宅支援部(サポーティブケアセンター内)のスタッフと連携し、患者さんとご家族が在宅療養を安心して継続できるように退院調整及び地域との連携を行っております。