ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月6日

消化器外科-がん専門研修

研修概要

外科医としてあるべき人間性の涵養と消化器がんに関する知識の適切な活用による治療方針の決定能力、外科技術の習得が大きな研修の目的になります。人間性とは具体的にはがん患者さん(家族を含めた)に対して外科医として適切に対応し、信頼に基づいた患者医師関係の構築を図り、また、チーム医療を理解し、問題解決のため専門医や指導医あるいは同僚、他の医療スタッフなどと目的に応じて適切な共同作業ができるようになることです。消化器がんに関する知識や外科技術の研修は術前術後管理、手術そのものを通じて行われます。つまり、日本外科学会、日本消化器外科学会専門医取得のために設定された経験すべき手術症例数達成を目標に手術に参加し、形成的評価、評価のフィードバックを受けながら実力を高めて行く事になります。したがって知識や技術は外科の基本から消化器がん手術までの幅を持ったものになります。研修開始時期や本人の目的によって研修期間を提示された短期、中期、長期の研修プログラムのいずれかから選びます。短期は初期臨床研修、長期は本格的な消化器がんの外科研修を想定しています。研修終了時には指導医側で総括的評価を行い、仕上げとします。事情によっては重点臓器を決めて研修することも可能です。

研修体制

消化器外科スタッフは現在13名であり、8名の外科学会指導医、7名の消化器外科学会指導医を有しています。年間600-700例の手術実績があります。手術日は月から金までの毎日であり、手術には臓器毎の専門医とともに参加してもらいます。消化管カンファレンス、肝胆膵カンファレンスを消化器内科、画像診断部、臨床病理を交えて週1回ずつ開催しています。また、消化器外科だけの通常カンファレンスを週1回、朝のミニカンファレンスを月から金までの毎日行っています。消化器外科の研修ではなるべく術者を研修医に担ってもらい、少なくとも年50例の術者経験ができるようにしています。

消化器外科がん専門研修プログラム

一般目標

1.消化器がんの診療に求められる基盤的知識、診断および病期の把握能力、外科治療の選択および遂行能力、集学的治療の知識およびその選択能力などを修得する。

2.通常の消化器系手術を適切に遂行できる技術に加え、消化器がんに対する手術手技も修得する。

行動目標

全般的な目標と疾患部位別目標を設ける。目標はA;必須目標、B;努力目標に分け、各目標に対しての評価(研修医および指導医)はa=十分できる、b=できる、c=要努力、d=評価不能、で行う。研修終了時に総括的評価を行う。

目標の設定は研修期間の長さで行う。短期(1~6ヶ月;初期研修、後期レジの一部が該当)、中期(6ヶ月~1年;後期レジの一部、医員が該当)、長期(1年以上;後期レジの一部、がん修練医が該当)

目標項目

期間

短期

中期

長期

1.医療面接の基本姿勢

 

 

 

1)常に患者・家族の身になって考え、医療チームの一員として適切に振舞うことができる。

A

A

A

2)患者・家族の話に耳を傾け、理解しようと努めることができる。

A

A

A

3)患者・家族が理解できる分かりやすい言葉で話し、理解したことを確認できる。

A

A

A

4)患者・家族の心身の負担を考慮しながら対話をすることができる。

A

A

A

5)いかなる質問に対しても、親切に優しく適切に答えることができる。

A

A

A

6)患者・家族と心を通わせ、慰めと希望を与えることができる。

A

A

A

7)医療に関連した患者・家族の経済的・社会的負担に配慮できる。

A

A

A

8)インフォームド・コンセントの基本概念を説明できる。

A

A

A

9)病名・病状・予後など患者にとって悪い情報の伝え方を説明できる

A

A

A

10)患者が診療方針を判断するために必要な情報を抽出できる。

A

A

A

2.病棟業務

 

 

 

1)問診、理学的所見がとれカルテの記載ができる。

A

A

A

2)病棟で適切な指示ができる。

A

A

A

3)術前術後管理計画を立案できる。

A

A

A

4)術前説明、経過説明を適切にできる。

A

A

A

5)退院サマリーの記載ができる。

A

A

A

6)カンファレンスで症例のプレゼンテーション、ディスカッションができる。

A

A

A

7)病床管理、手術予定作成の補助ができる。

A

A

A

8)緩和ケアと終末期ケアに習熟する。

A

A

A

3.術前診断

 

 

 

1)上部消化管造影の実施と読影ができる。

B

A

A

2)上部消化管内視鏡検査所見の理解と診断ができる。

A

A

A

3)上部消化管内視鏡検査を実施できる。

B

B

A

4)下部消化管内視鏡検査所見の理解と診断ができる。

A

A

A

5)下部消化管内視鏡検査を実施できる。

B

A

A

6)腹部超音波検査の実施と読影ができる。

B

A

A

7)腹部CT、MRI検査の適応を理解でき、読影ができる。

B

A

A

8)頸部、胸部CT、MRIの適応を理解でき、読影ができる。

B

A

A

4.病理診断

 

 

 

1)摘出標本の整理ができる。

B

A

A

2)術中迅速組織診断の適応を理解している。

A

A

A

5.一般的手術手技

 

 

 

1)結紮(糸結び)が確実に行える。

A

A

A

2)運針が確実に行える。

B

A

A

3)止血操作が確実に行える。

B

A

A

4)消化管吻合が確実に行える。

B

A

A

5)剥離操作が安全に行える。

B

A

A

6)予期せぬ出血に適切に対応できる。

B

A

A

7)術中術式変更にすばやく対応できる。

B

A

A

6.術後管理

 

 

 

1)一般的な術後管理を理解し実践できる。

B

A

A

2)胸腔ドレーンの管理ができる。

B

A

A

3)腹部ドレーンの管理ができる。

B

A

A

4)術後膿瘍などに対し、超音波下あるいは透視下にドレーンを挿入できる。

B

A

A

5)クリニカルパスに準じた管理ができる。

B

A

A

7.学会、論文発表

 

 

 

1)消化器がんに関する学会発表を行う事ができる。

B

B

A

2)消化器がんに関する論文執筆ができる。

B

B

A

8.食道がん

 

 

 

1)食道がんの疫学を説明できる。

B

A

A

2)食道がん取り扱い規約を理解できる。

B

A

A

3)食道がんの病期、占拠部位ごとの治療法選択と予後を理解している。

B

A

A

4)食道がん治療ガイドラインを理解している。

B

A

A

5)化学療法の適応を理解している。

B

A

A

6)放射線療法の適応を理解できる。

B

A

A

7)術前療法の適応を理解できる。

B

A

A

8)食道がんに対する手術手技の手順の理解と実践ができる。

B

B

B

9)第一助手を実行できる。

B

B

A

10)第2助手を実行できる。

A

A

A

11)廓清範囲を理解している。

B

A

A

12)再建法を理解している。

B

A

A

13)術後合併症に適切に対応できる。

B

A

A

9.胃がん

 

 

 

1)胃がんの疫学を説明できる。

B

A

A

2)胃がん取り扱い規約を理解できる。

B

A

A

3)胃がんの病期、占拠部位ごとの治療法選択と予後を理解している。

A

A

A

4)胃がん治療ガイドラインを理解している。

B

A

A

5)臨床病期ごとの手術適応を説明できる。

B

A

A

6)標準術式を説明できる。

B

A

A

7)腹腔鏡下手術の適応を説明できる。

B

A

A

8)化学療法の適応を理解している。

B

A

A

9)胃がんに対する手術手技の手順の理解と実践ができる。

B

B

A

10)第一助手を実行できる。

B

A

A

11)第2助手を実行できる。

A

A

A

12)廓清範囲を理解している。

B

A

A

13)再建法を理解している。

B

A

A

14)幽門側胃切除を実施できる。

B

A

A

15)胃全摘を実施できる。

B

A

A

16)噴門側胃切除を実施できる。

B

B

A

17)腹腔鏡手術を実施できる。

B

B

B

18)周囲臓器の合併切除を実施できる。

B

B

A

19)術後合併症に適切に対応できる。

B

A

A

10.大腸がん

 

 

 

1)大腸がんの疫学を説明できる。

B

A

A

2)大腸がん取り扱い規約を理解できる。

B

A

A

3)大腸がんの病期、占拠部位ごとの治療法選択と予後を理解している。

B

A

A

4)大腸がん治療ガイドラインを理解している。

B

A

A

5)臨床病期ごとの手術適応を説明できる。

B

A

A

6)標準術式を説明できる。

B

A

A

7)腹腔鏡下手術の適応を説明できる。

B

A

A

8)化学療法の適応を理解している。

B

A

A

9)大腸がんに対する手術手技の手順の理解と実践ができる。

B

A

A

10)第一助手を実行できる。

B

A

A

11)第2助手を実行できる。

A

A

A

12)廓清範囲を理解している。

B

A

A

13)再建法を理解している。

B

A

A

14)結腸切除を実施できる。

B

A

A

15)直腸切除を実施できる。

B

B

A

16)腹腔鏡手術を実施できる。

B

B

B

17)周囲臓器の合併切除を実施できる。

B

B

B

18)術後合併症に適切に対応できる。

B

A

A

11.肝胆膵がん

 

 

 

1)肝胆膵がんの疫学を説明できる。

B

A

A

2)原発性肝がん、胆道がん、膵癌取り扱い規約を理解できる。

B

A

A

3)肝細胞がんの切除適応や内科的治療について説明できる。

B

A

A

4)転移性肝癌の切除適応について説明できる。

B

A

A

5)肝臓の解剖を良く理解している。

B

A

A

6)胆道、膵とその周囲の解剖を良く理解している。

B

A

A

7)胆道がん(十二指腸乳頭部がん、十二指腸がんを含む)の切除適応や内科的治療について説明できる。

 

B

 

A

 

A

8)膵がんの切除適応や内科的治療について説明できる。

B

A

A

9)胆道がん、膵がんの廓清範囲を理解している。

B

A

A

10)腹腔鏡下手術の適応を説明できる。

B

A

A

11)化学療法の適応を理解している。

B

A

A

12)減黄処置の適応をよく理解している。

B

A

A

13)肝切除量と残肝機能から適切な肝切除術を設定できる。

B

B

A

14)門脈塞栓術の意義を理解している。

B

A

A

15)肝癌手術の第一助手を実行できる。

B

B

A

16)肝癌手術の第2助手を実行できる。

B

A

A

17)肝癌に対する手術手技の手順の理解と実践ができる。

B

B

A

18)術中超音波を駆使できる。

B

B

A

19)胆道がん手術の第一助手を実行できる。

B

B

A

20)胆道がん手術の第2助手を実行できる。

B

A

A

21)胆道がんに対する手術手技の手順の理解と実践ができる。

B

B

B

22)膵がん手術の第一助手を実行できる。

B

B

A

23)膵がん手術の第2助手を実行できる。

B

A

A

24)膵がんに対する手術手技の手順の理解と実践ができる。

B

B

B

25)膵胆道がん手術時の再建法を理解している。

B

A

A

26)術後合併症に適切に対応できる。

B

A

A