ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月6日

整形外科-がん専門研修

研修概要

千葉県がんセンター整形外科では骨・軟部腫瘍の診療を行っています。原発性骨・軟部腫瘍の発生頻度は低く、専門性が要求されます。当院は、日本で最も古くからこの骨・軟部腫瘍を専門的に取り組んできた施設の一つであり、多くの症例の集積があり研修には最適の施設だと思われます。当科では手術だけではなく抗がん剤治療も行っており、内科的知識も身に付きます。

限られた期間で、骨・軟部腫瘍の診療における知識と技術を習得し、骨・軟部腫瘍の診療を確実に実践できるようになることを目標に研修を行います。入院診療を中心に担当してもらいます。病棟では主治医として患者を担当してもらい、検査、手術、化学療法について勉強し実践してもらいます。週2回のカンファレンスでは症例のプレゼンテーションの仕方を学んでもらいます。手術には積極的に参加してもらい、なるべく術者になってもらいます。学会や研究会にも積極的に参加してもらいます。

研修開始時期や本人の目的によって研修期間を提示された短期、中期、長期の研修プログラムのいずれかから選びます。短期は初期臨床研修、長期は本格的な腫瘍整形外科の研修を想定しています。研修終了時には指導医側で総括的評価を行い、仕上げとします。

研修体制

整形外科スタッフは現在4名であり、4名とも日本整形外科学会専門医を有しています。年間入院患者数は約300名で、常時約20名の入院患者がいます。手術日は水、木の2日間で、全身麻酔の手術を4-5件/週行っており、年間200-250例の手術実績があります。月曜の早朝には抄読会を、火曜の早朝には整形外科・臨床病理部・画像診断部の合同カンファレンスを、金曜の早朝には整形外科・リハビリテーションの合同カンファレンスを開催しています。また、症例報告の場として年3回「千葉県骨軟部腫瘍研究会」を主催しています。今後、骨転移がんに関する研究会も立ち上げる予定です。

整形外科がん専門研修プログラム

一般目標

一般目標骨・軟部腫瘍の診療における知識と技術を習得し、骨・軟部腫瘍の診療を確実に実践できる。

行動目標

全般的な目標と疾患部位別目標を設ける。目標はA;必須目標、B;努力目標に分け、各目標に対しての評価(研修医および指導医)はa=十分できる、b=できる、c=要努力、d=評価不能、で行う。研修終了時に総括的評価を行う。

目標の設定は研修期間の長さで行う。短期(1~6ヶ月;初期研修、後期レジの一部が該当)、中期(6ヶ月~1年;後期レジの一部、医員が該当)、長期(1年以上;後期レジの一部、がん修練医が該当)

項目

設定目標

短期

中期

長期

1.病棟業務

 

 

 

1)問診、理学的所見、カルテ記載ができる。

A

A

A

2)病棟で適切な指示ができる。

A

A

A

3)患者の検査計画、術前、術後、治療計画を立案できる。

A

A

A

4)患者に検査計画、術前、術後、治療計画を説明できる。

B

A

A

5)退院サマリーの記載ができる。

A

A

A

6)カンファレンスで症例提示、ディスカッションができる。

A

A

A

7)インフォームド・コンセントの理解と実践。

B

A

A

8)院内がん登録、骨軟部腫瘍登録ができる。

B

A

A

9)病棟業務において積極的に研修医の指導を行う。

B

A

A

10)患者に「悪い知らせ」を適切に伝えることができる

B

B

A

2.外来業務

 

 

 

1)新患の病歴を聴取できる。

B

A

A

2)指導のもとに外来診療を実施できる。

B

A

A

3)骨・軟部腫瘍の外来を担当する。

B

B

A

4)セカンド・オピニオンの理解と実践。

B

B

A

3.骨・軟部腫瘍の一般的な知識

 

 

 

1)病理分類を理解、説明できる。

B

A

A

2)TNM分類、Enneking分類を理解、説明できる。

B

A

A

3)各疾患の臨床的な特徴を理解、説明できる。

A

A

A

4)各疾患の病期に合わせた治療が計画できる。

B

A

A

5)各疾患の予後因子を理解し、治療成績を説明できる。

B

B

A

6)小児患者のトータル・ケアの理解と実践。

B

B

A

4.骨・軟部腫瘍の診断

 

 

 

1)理学所見、触診についての知識と理解。

A

A

A

2)骨腫瘍の単純レントゲンの読影、説明ができる。

A

A

A

3)原発巣のCT、MRI、血管造影の読影、説明ができる。

A

A

A

4)肺転移のCTの読影、説明ができる。

B

A

A

5)転移性骨腫瘍の診断ができる。

A

A

A

6)画像から鑑別診断をあげられる。

A

A

A

7)骨シンチ、タリウムシンチ、PET-CTの読影、説明ができる。

A

A

A

8)生検の方法(穿刺細胞診、針生検、切開生検、切除生検)を説明でき、実

践できる。

 

A

 

A

 

A

9)術中迅速病理検査の適応の理解。

B

A

A

10)病理所見の基礎的知識と理解。

B

B

A

5.骨・軟部腫瘍に対する手術療法の理解と実践

 

 

 

1)切除縁の基本的概念について理解、説明できる。

B

A

A

2)切除縁に基づいた手術計画を行える。

B

A

A

3)解剖学的知識を理解、説明できる。

A

A

A

4)血管、神経、骨の処理が確実に行える。

B

A

A

5)手術において円滑に助手ができる。

B

A

A

6)指導のもとに生検術が行える。

B

A

A

7)指導のもとに転移性骨腫瘍の手術が行える。

A

A

A

8)指導のもとに良性骨・軟部腫瘍の手術が行える。

A

A

A

9)指導のもとに四肢悪性骨・軟部腫瘍に対する切離断術が行える。

B

A

A

10)指導のもとに悪性骨・軟部腫瘍の手術が行える。

B

A

A

11)形成外科手術の計画を行える。

B

B

A

12)切除標本の処理ができる。

B

A

A

6.術前後管理の理解と実践

 

 

 

1)術前後の全身管理ができる。

A

A

A

2)人工物挿入後の術後管理ができる。

A

A

A

3)人工物挿入後の術後管理ができる。

B

A

A

4)糖尿病などの合併症を有する患者の術前後の管理ができる。

A

A

A

5)術後合併症の早期発見ができる。

A

A

A

6)術後合併症に対して適切に対応できる。

B

A

A

7)術後理学療法を指示できる。

B

B

A

7.骨・軟部腫瘍に対する化学療法の理解と実践

 

 

 

1)抗がん剤の基本的な投与方法、副作用について理解、説明できる。

A

A

A

2)抗がん剤の副作用に対する対処法の理解、実践。

A

A

A

3)標準的化学療法プロトコールについて理解、説明できる。

B

A

A

4)実際に抗がん剤治療の指示ができる。

B

A

A

5)臨床試験について理解、説明できる。

B

B

A

8.学会活動など

 

 

 

1)骨・軟部腫瘍の日本語および英語文献を検索し、理解、説明できる。

A

A

A

2)院内の研究会で症例報告を行う。

B

A

A

3)日本整形外科学会専門医取得のために申請用の症例をまとめる。

A

A

A

4)地方研究会(学会)で発表を行う。

B

A

A

5)日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会で発表を行う。

B

B

A

6)骨・軟部腫瘍に関する論文を書く。

B

B

A