ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 県立病院・県内医療機関 > 千葉県がんセンター > 骨転移を有する去勢抵抗性前立腺がんの新しい治療法を導入しました

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月19日

骨転移を有する去勢抵抗性前立腺がんの新しい治療法を導入しました

千葉県がんセンターでは、新たに開発された骨転移を有する去勢抵抗性前立腺がんの治療薬が使用できるようになりました。

先ず、当センターの泌尿器科を受診していただき、この薬による治療が望ましいと判断された場合は、核医学診療部を新たに受診していただき、治療の適応があるかどうかを決定します。

通常は外来での治療となりますが、放射性同位元素を用いますので、汚染を拡大させないよう治療にともなう日常生活の注意点を守っていただく必要があります。

去勢抵抗性前立腺がんの新しい治療法についてはこちらをご覧ください。