ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年2月18日

予防疫学研究部

当研究部は健康福祉部が1975年以来実施する千葉県がん登録事業の登録室を受託し、地域がん登録と院内がん登録の連携によってがん登録の精度を高めてきました。そして、2016 年1月より全国がん登録が始まりました。全国がんセンター協議会(全がん協)の生存率データの集計を実施しています。全がん協加盟施設を対象とした研究班調査を通じて、日本のがん診療の中核施設における生存率データに基づき、Web上に生存率集計システム(KapWeb)外部サイトへのリンク(https://kapweb.chiba-cancer-registry.org/)を公開しました。研究の柱は千葉県がん登録の活用と分子疫学の推進です。がん登録データの活用を図るため、日本多施設共同コーホート研究(J-MICC 研究)に参加しています。2005年以来、全国の予防医学に関わる研究機関と協同して J-MICC研究を進めています。追跡調査を実施し、体質診断に基づいて個別化された予防法を開発していきます。さらに、がんの罹患リスクを推計するアミノインデックス(AICS) の評価やメタロバランス法の実用化に関する研究を進めています。また、他の部室と連携して、県民の健康作りに役立つ研究の基盤となるゲノムコホート研究を進めてまいります。

zengan

 

がん登録

(画像をクリックすると拡大表示されます)

メンバー

部長

三上 春夫

研究員

中村 洋子

集合写真

最近の主な業績

  1. Naoyuki Okamoto, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Miho Kusakabe, Naohito Yamamoto, Nobuhiro Takiguchi, Yoshihiro Nabeya, Hiroaki Soda, Satoshi Fukasawa Takeshi Kishida, Manabu Shiozawa, Akira Yoshida, Takuya Shimizu, Shunsuke Fujimoto, Mitsuhiro Ueda, Seiichi Inagaki Yohei Miyagi, Hiroki Nagase,  A Nobel Multivariate Index for Cancer Risk Detection Based On the Serum Trace Elements: Metallo-Balance Method. Journal of Cancer Epidemiology and Prevention. 5(1): 2020.
  2. Mikami H, Kimura O, Yamamoto H, Kikuchi S, Nakamura Y, Ando T, Yamakado M. A multicentre clinical validation of AminoIndex Cancer Screening (AICS). Sci. Rep. 9(1):13831. 2019.
  3. Nakatochi M, Nakamura Y, Mikami H, Matsuo H, et al., Genome-wide meta-analysis identifies multiple novel loci associated with serum uric acid levels in Japanese individuals. Commun Biol. 8;2:115. 2019.
  4. Nishiyama T, Nakamura Y, Mikami H, Suzuki S, et al., Genome-wide association meta-analysis and Mendelian randomization analysis confirm ALDH2 influencing on sleep duration in the Japanese population. Sleep. 42(6). pii: zsz046 2019.
  5. Shimanoe C, Mikami H, Nakamura Y, Wakai K, et al., A genome-wide association study of coping behaviors suggests FBXO45 is associated with emotional expression. Genes Brain Behav. 18(2):e12481 2019.
  6. Ando K, Nakamura Y, Nagase H, Nakagawara A, Koshinaga T, Wada S, Makishima M. Co-Inhibition of the DNA Damage Response and CHK1 Enhances Apoptosis of Neuroblastoma Cells. Int J Mol Sci. 20(15). 2019.
  7. Islam MS, Takano R, Yokochi T, Akter J, Nakamura Y, Nakagawara A, Tatsumi Y. Programmed expression of pro-apoptotic BMCC1 during apoptosis, triggered by DNA damage in neuroblastoma cells. BMC Cancer. 19(1):542. 2019.
  8. Shakhova I, Nakamura Y, Nakagawara A, et al., PPP3CB contributes to poor prognosis through activating nuclear factor of activated T-cells signaling in neuroblastoma. Mol Carcinog. 58(3):426-435. 2018.
  9. Nakamura Y, Nakagawara A, et al., Identification of novel candidate compounds targeting TrkB to induce apoptosis in neuroblastoma. Cancer Med. 3:25-35, 2014.