ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年1月15日

がん先進治療開発研究室

 多くのがんでは遺伝子レベルでの異常が発生の原因となっていることが知られています。その異常となっている遺伝子をみつけ、それが関わるがん発生の仕組みを理解することは新たな治療法を開発する上で必要不可欠です。当研究室では2010年より小児の難治性腫瘍(特に神経芽腫)の発がん研究を中心に分子遺伝学的研究を導入し、発がんの本態解明を基盤としつつ、新しいゲノム診断法の開発と、独自に見出した発がんの関連遺伝子を標的とする創薬へと展開してきました。

 現在、研究室では、以下の研究プロジェクトを進めています。

(1)神経芽腫の新規発がん関連遺伝子の同定と分子機構の解明(NLRR family, ALK, 他)

(2)患者数が少なく治療法開発が遅れている小児がんや希少がんにおいて、がん遺伝子のDNA配列を標的とした薬剤開発:神経芽腫におけるMYCNなどの既存の発がん関連遺伝子で治療標的とすることが難しい遺伝子を中心に、DNA配列を特異的に認識する化合物(ピロール・イミダゾール・ポリアミド化合物、PIP)を利用した新規がん治療法および診断薬の開発

gansenshin

図:小児がん・希少がんに対する創薬開発

メンバー

室長心得 高取 敦志
客員研究員 養田 裕行

gansensin

最近の主な業績

  1. Lin J, et al., Identification of Binding Targets of a Pyrrole-Imidazole Polyamide KR12 in the LS180 Colorectal Cancer Genome. PLoS One. 11(10):e0165581. doi: 10.1371/journal.pone.0165581, 2016.
  2. Satoh S, et al. Neuronal leucine-rich repeat 1 negatively regulates anaplastic lymphoma kinase in neuroblastoma. Sci. Rep., 8;6:32682, 2016.
  3. Sheikh A, et al. Unfavorable neuroblastoma prognostic factor NLRR2 inhibits cell differentiation by transcriptional induction through JNK pathway. Cancer Sci., 107(9):1223-32, 2016.
  4. Fukuda M, et al. Effects of novel small compounds targeting TrkB on neuronal cell survival and depression-like behavior. Neurochem. Int., 97:42-487, 2016.
  5. Islam S M R, et al. Sendai virus-mediated expression of reprogramming factors promotes plasticity of human neuroblastoma cells. Cancer Sci., 106(10):1351-61, 2015.
  6. Hiraoka K, et al., Inhibition of KRAS codon 12 mutants using a novel DNA-alkylating pyrrole-imidazole polyamide conjugate. Nat. Commun., 27;6:6706. doi: 10.1038/ncomms7706, 2015.
  7. Mishra R, et al. Identification of a novel E-box binding pyrrole-imidazole polyamide inhibiting MYC-driven cell proliferation. Cancer Sci., 106(4):421-9, 2015.
  8. Akter J, et al. Intracellular fragment of NLRR3 (NLRR3-ICD) stimulates ATRA-dependent neuroblastoma differentiation. Biochem. Biophys. Res. Commun., 453:86-93, 2014.
  9. Hasan MK, et al. ALK is a MYCN target gene and regulates cell migration and invasion in neuroblastoma. Sci. Rep., 3:3450, 2013.
  10. Yamaki T, et al. Temozolomide suppresses MYC via activation of TAp63 to inhibit progression of human glioblastoma. Sci. Rep., 3:1160, 2013.
  11. Hossain S, et al. NLRR1 enhances EGF-mediated MYCN induction in neuroblastoma and accelerates tumor growth in vivo. Cancer Res., 72:4587-4596, 2012.