ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年1月15日

発がん制御研究部

研究部では独自に開発した「in vitro 発がん再構成系」を用いて、発がんの分子機構解明を進めています。本実験系は3次元オルガノイド培養をベースにした、いわば細胞レベルの発がんモデルです。マウス各種臓器由来のオルガノイドは遺伝子導入後にヌードマウス皮下に移植することで迅速にがん化の有無が判定可能で、組織学的にも腺がん類似の像を呈します。従来の遺伝子改変マウスを用いた発がん研究の結果がよく再現されているため、個体レベルの発がんモデルを補完・代替する革新的研究手法として認知されつつあります。今後、がんゲノム解析で同定された新規変異や融合遺伝子などのがん化能の検証や発がん機構の解明が格段と容易になることが期待されます。また、最近では日本医療研究開発機構の支援を受けて、消化器内科や婦人科の協力のもとヒト臨床検体のオルガノイド培養も進めています。手術検体はもちろんのこと、手術不能例でも患者さんの体液(胆汁、膵液)から正常細胞、前癌病変細胞、およびがん細胞が培養可能であることを確認しており、将来的な個別化医療の構築に向けて、様々な検討を進めております。

hatsugan3

 

hatsugan4

メンバー

部長

筆宝 義隆

研究員

丸 喜明

hatsugan

最近の主な業績

  1. Maru Y et al., Identification of novel mutations in Japanese ovarian clear cell carcinoma patients using optimized targeted NGS for clinical diagnosis. Gynecol Oncol. 144(2):377-383. 2017.
  2. Maru Y et al., Lentivirus-based stable gene delivery into intestinal  organoids. Methods Mol Biol. 1422:13-21. 2016.
  3. Takahashi T et al., Non-neuronal acetylcholine as an endogenous regulator of proliferation and differentiation of Lgr5-positive stem cells in mice. FEBS J. 281(20): 4672-90. 2014.
  4. Higurashi T et al., Conditional knockout of the leptin receptor in the colonic epithelium revealed the local effects of leptin receptor signaling in the progression of colonic tumors in mice. Carcinogenesis 35(9): 2134-41. 2014.
  5. Ochiai M et al., Newly defined aberrant crypt foci as a marker for dysplasia in the rat colon. Cancer Sci. 105(8): 943-50. 2014.
  6. Igarashi M et al., AKT is critically involved in cooperation between obesity and the dietary carcinogen amino-1-methyl-6-phenylimidazo [4,5-b] (PhIP) toward colon carcinogenesis in rats. Biochem Biophys Res Commun. 443(3): 852-7. 2014.
  7. Onuma K et al., Genetic reconstitution of tumorigenesis in primary intestinal cells. Proc Natl Acad Sci USA. 110(27): 11127-32. 2013.