ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年10月3日

がん遺伝創薬研究室

当研究室では、遺伝学と分子生物学および有機化学合成技術を駆使し、根治を目指した抗がん剤を独自に開発しています。通常の抗生物質は細菌を殺菌し感染症に効果を示しますが、一部は抗癌抗生物質として抗がん剤として臨床応用されています。この抗生物質はDNAの二重らせんの2塩基から4塩基の配列を認識するのですが我々は10塩基程を認識させ、がんドライバー遺伝子を標的にすること、およびがんだけに薬が届く工夫をすることで癌のみに有効な化合物を開発することに成功しています(図)。千葉県と京都大学で特許を取得し、“くすり”として臨床で使用できるよう、製薬会社との話し合いを行い、臨床試験に向けて新しい概念の抗がん剤が開発されています。例えば、変異RASやMYC、PIK3CA、ALKといった代表的ながん遺伝子を標的にした抗癌剤を開発し、2015年日経バイオテク5月18日号「編集長の目」に取りあげられました。また遺伝子の読み取りかたを制御するエピジェネティクスに着目し、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤を特定ゲノム配列に送達するエピゲノム介入薬剤の開発も行い、がんのエピゲノムを制御する治療薬や皮膚の細胞からの幹細胞(iPS細胞)を創る薬剤の開発にも取り組んでいます。

ganiden-1ganiden-2

メンバー

室長(事務取扱)

永瀬 浩喜

研究員

越川 信子

研究員

高取 敦志

研究員

渡部 隆義

 

ganiden-3

最近の論文と主な論文

  1. Watanabe T, et al., Double β-alanine substitutions incorporated in 12-ring pyrrole-Imidazole Polyamides for lengthened DNA minor groove recognition. Advanced Techniques in Biology & Medicine. 4:175, 2016.
  2. Inoue S, et al., Targeting Oct1 genomic function inhibits androgen receptor signaling and castration-resistant prostate cancer growth" Oncogene. in press, 2016.
  3. Taylor RD, et al., Selective Targeting of the KRAS Codon 12 Mutation Sequence by Pyrrole–Imidazole Polyamide seco-CBI Conjugates. Chemistry - A European Journal. 21, 14996-5003, 2015.
  4. Ozaki Y, et al., The oncogenic role of GASC1 in chemically induced mouse skin cancer. Mammalian Genome. on line, 2015.
  5. Igarashi J, et al., Preclinical Study of Novel Gene Silencer Pyrrole-Imidazole Polyamide Targeting Human TGF-β1 Promoter for Hypertrophic Scars in a Common Marmoset Primate Model. PlosOne. 10(5):e0125295, 2015.
  6. Yoshizawa S, et al., Pyrrole-Imidazole (PI) polyamide-mediated silencing of KCNQ1OT1 expression induces cell death in Wilms tumor cells. International Journal of Oncology. Jul;47(1):115-21, 2015.
  7. Hiraoka K, Inoue T, et al., Inhibition of KRAS codon 12 mutants using a novel DNA-alkylating pyrrole-imidazole polyamide conjugate. Nature Communications. 6:6706, 2015.
  8. Mishra R, et al., Identifi cation of a novel E-box binding PI polyamide inhibiting MYC-driven cell-proliferation. Cancer Science. 106(4):421-9, 2015.
  9. Han L, et al., A synthetic small molecule enforces targeted transcriptional activation of germ cell genes in a human somatic cell. Angewandte Chemie .52(50):13410-13413, 2013.
  10. Quigley DA, et al., Genetic architecture of murine skin infl ammation and tumor susceptibility. Nature.458:505-508, 2009.