ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年2月18日

腫瘍ゲノム研究室

 がん細胞に特有の遺伝子情報に基づき患者ごとに治療法を最適化する「がんゲノム医療」がスタートし、がん医療は大きな転換を迎えました。しかし、より高精度・高感度で安価な治療・診断法の開発が依然として求められています。
当研究室ではそれに資する基盤研究として、超並列型DNAシーケンスやマイクロアレイなどの網羅的遺伝子解析技術を駆使して、正常細胞からの「がん化」や、がん進展に伴う転移や治療耐性などの「がん悪性化」に関わるゲノム異常(DNA塩基配列や染色体構造、ならびに遺伝子発現変化の全体像など)ならびにエピゲノム異常(転写調節に関るヒストン修飾やタンパク質非コードRNA(non-coding RNA)の発現など)を探索しています。加えて、血液中に含まれるがん細胞由来のDNAを高感度で検出するがん診断法(リキッドバイオプシー法)の開発研究も併せて進めています。これらの研究から、「がん」の発生や進展に関わることの予想される遺伝子群は、新しい治療標的あるいはバイオマーカーの候補である可能性が示唆されます。そこで、当センター臨床部門や研究所内外の各研究室と連携し、初代がん細胞株や実験マウスを用いて、それらの機能を詳細に調べています。

 

網羅的ゲノム解析によるがんの個性を決める遺伝子の検索

メンバー

室長

下里 修

研究員

巽 康年

 

集合写真

最近の主な業績

  1. Kitagawa Y et al. Enrichment technique to allow early detection and monitor emergence of KRAS mutation in response to treatment. Sci Rep., 2019;9:11346.
  2. Matsushita M et al. PTPRK suppresses progression and chemo-resistance of colon cancer cells via direct inhibition of pro-oncogenic CD133.FEBS Open Bio, 2019;9:935-946.
  3. Inoue T et al. Hydrophobic structure of hairpin ten-ring pyrrole-imidazole polyamides enhances tumor tissue accumulation/retention in vivo. Bioorg. Med. Chem., 2018;26:2337-2344.
  4. Sun Y et al. Cancer-type OATP1B3mRNA has the potential to become a detection and prognostic biomarker for human colorectal cancer. Biomark Med., 2017;11.
  5. Islam MS et al. Transcriptional regulation of BMCC1mediated by E2F1in neuroblastoma cells. Biochem Biophys Res Commun., 2016;478:81-86.
  6. Tatsumi Y et al. BMCC1,which is an interacting partner of BCL2,attenuates AKT activity, accompanied by apoptosis. Cell Death Dis, 2015;6:e1607
  7. Shimozato O et al. Receptor-type protein tyrosine phosphatase kappa directly dephosphorylates CD133and regulates downstream AKT activation. Oncogene, 2015;34:1949-1960.