ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年1月15日

腫瘍ゲノム研究室

 腫瘍ゲノム研究室では、正常な細胞とは異なる、がん細胞に特有の遺伝子情報に基づく「がんゲノム医療」の実現を目指しています。その基盤研究として、次世代型のDNAシークエンスやマイクロアレイ(DNAチップ)などの全染色体網羅的ゲノム解析技術を駆使して、発がんや腫瘍悪性化に関わるDNA配列やゲノムコピー数の異常、ならびに遺伝子発現の全体的な特徴の解明に努めています。また、がんの悪性度と密接に関連することが予想されるエピゲノム修飾(メチル化など)の検索や、機能性タンパク質非コードRNA(non-coding RNA)の発現解析も行っています。さらに、血液を用いたがん診断法(リキッドバイオプシー法)の開発研究も併せて進めています。

 主な研究対象は、神経芽腫、肝芽腫、腎芽腫、骨肉腫などの小児がんや、代表的な難治性癌である脳腫瘍、膵がん、肺がんなどです。様々なゲノム解析の結果から見出されたがんの発生や進展に関わると予想される遺伝子群については、新しいバイオマーカー候補としてがんの進行度、再発・転移のし易さ、治療に対する感受性などの性質との関係を詳細に調べています。また、所内の各研究室とも連携してそれらの機能をがん細胞株や実験マウスを用いて詳細に解析することで、新しい治療法の開発を目指しています。

tumor-1

メンバー

室長心得

下里 修

研究員

巽 康年

研究員

奥村 和弘

客員研究員

大平 美紀

客員研究員 岩田 慎太郎
客員研究員 板倉 明司

 syuyou

最近の主な業績

  1. Islam MS et al., Transcriptional regulation of BMCC1 mediated by E2F1 in neuroblastoma cells. Biochem. Biophys. Res. Commun., 2016; 478: 81-86.
  2. Tatsumi Y et al., BMCC1, which is an interacting partner of BCL2, attenuates AKT activity, accompanied by apoptosis., Cell Death Dis., 6: e1607, 2015.
  3. Okumura K et al., Congenic mapping and allele-specifi c alteration analysis of Stmm1 locus conferring resistance to early-stage chemically induced skin papillomas., PLoS ONE, 9: e97201, 2014.
  4. Okumura K et al., Meis1 regulates epidermal stem cells and is required for skin tumorigenesis., PLoS ONE, 9: e102111, 2014.
  5. Tomiyama A et al., Flotillin-1 regulates oncogenic signaling in neuroblastoma cells by regulating ALK membrane association., Cancer Res., 74: 3790-3801, 2014.
  6. Takagi D et al., Novel adaptor protein Shf interacts with ALK receptor and negatively regulates its downstream signals in neuroblastoma., Cancer Sci., 104: 563-572, 2013.
  7. Okumura K et al., Independent genetic control of early and late stages of chemically induced skin tumors in a cross of a Japanese wild-derived inbred mouse strain, MSM/Ms., Carcinogenesis, 33: 2260-2268, 2012.
  8. Chen Y et al. Oncogenic mutations of ALK kinase in neuroblastoma., Nature, 455: 971-974, 2008.