ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年1月15日

創薬開発事業

 がんは遺伝子の病気であり、複雑な要因に起因します。がんに特異的なゲノム異常は、ほとんど全ての癌で認められていますが、そのゲノムの異常を直接標的にした治療薬は未だ開発されていません。また、がんの根本治療を考えるとき、最近開発されている分子標的治療薬とは異なり、強い化学療法のようにがん細胞を完全に死滅させる治療法では再発を防ぎ完全に寛解させることができる場合があります。そこで我々は分子標的治療と化学療法の効果を兼ね備えた分子標的アルキル化剤の開発を行っています(下図左)。具体的にはがんを引き起こすもとになる遺伝子変異(ドライバーミューテーション)を持つ遺伝子をアルキル化によって壊すようにデザインしたアルキル化剤であり、通常の化学療法でのがん細胞のDNAを壊す効果と同時にドライバーミューテーションを持つ遺伝子も破壊し、その発現を止めてしまう薬剤の開発です。この方法は、千葉県の知的財産として特許出願を行っています。

 さらに下図右のようにゲノムの構造を特定の遺伝子領域で変えることや血液診断、放射線治療への応用など、PIP化合物によってゲノムへ様々な薬剤(ヒストン修飾阻害剤など)を送達させる技術に応用しています。また、同化合物をがんに特異的に集積させる技術が開発できてきており、薬剤をがん細胞に集め、さらに特定の遺伝子へ運ぶことが出来る技術が開発されつつあります。これらの技術により既に三社と共同創薬開発契約を結んでいます。

soyaku-1soyaku-2