ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 私立学校 > 学費等の助成制度メニュー > 私立高等学校等授業料減免制度(平成26年度以降入学生)

更新日:平成29(2017)年6月15日

私立高等学校等授業料減免制度(平成26年度以降入学生)

  • この制度は,経済的な理由から授業料等の納付が困難な状況にある県内私立高等学校等に通う生徒の保護者の負担を軽減し,生徒の修学促進を図るために創設されています。
  • この制度を利用している私立高等学校等の設置者に対する補助(一部の制度を設けていない学校は除く。)となりますので,県が保護者の方へ直接授業料を補助するものではありません。
  • 私立高等学校等授業料減免制度の紹介リーフレット<H26年度以降入学生用(PDF:467KB)

制度の概要

対象となる学校種

  • 県内私立高等学校(通信制課程の県外在住生徒は除く)
  • 県内私立中等教育学校(後期課程)
  • 県内私立専修学校高等課程(高等学校卒業者及び准看護師の養成を目的とする私立専修学校高等課程の生徒は除く)

対象となる方

  • 1号生活保護を受給されている方
  • 2号市町村民税の所得割の額(※)が51,300円未満である方
  • 3号市町村民税の所得割の額(※)が175,500円以下である方
  • 4号住宅等の建物,土地,家財等に災害を受けた方
  • 5号上記2~4号に準ずる程度に困窮していると認められる方(家計急変)
    →世帯構成及び収入状況等によって認定されることとなります。詳しくは,学校へ直接お問い合わせください。

※保護者(=親権者)全員の税額を合算した額

減免される額

減免の要件

減免内容

上記の1号・2号に該当

授業料から就学支援金を除いた差額を免除

上記の3号~5号に該当

授業料の3分の2から就学支援金を除いた差額を免除

減免内容については,学校により異なる場合がありますので,詳しくは,学校の事務担当者の方にお問い合わせください。

授業料減免制度のQ&A

Q1)授業料の減免を受けられる期間は?

A)4月分の授業料からその年度の3月分までの授業料までです。
また,家計状況が急変した場合には,年度途中からも受けることができます。

Q2)授業料減免と奨学資金貸付金の両方を受けられますか?

A)各々の要件を満たしていれば可能です。

Q3)申請方法は?

A)学校の事務室に申し出てください。

Q4)千葉県外の私立高校に通っています。授業料減免を受けられますか?

A)授業料減免制度は、千葉県内の私立高校等が授業料を減免減免した場合にその経費を助成していますので、千葉県外の私立高校等にお通いの場合は対象外になります。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部学事課私学振興班

電話番号:043-223-2155

ファックス番号:043-225-9383

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?