サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 動物・ペット > 動物一般 > 千葉県動物愛護管理推進協議会 > 千葉県動物愛護管理推進協議会平成20年度第2回議事要旨

更新日:平成29(2017)年7月25日

千葉県動物愛護管理推進協議会平成20年度第2回議事要旨

平成20年度第2回千葉県動物愛護管理推進協議会・議事要旨

1.日時

平成21年1月28日(木曜日)午後2時から午後4時15分

2.場所

千葉県自治会館9階第3会議室

3.出席委員

委員20名中15名出席

4.内容

(1)開会:衛生指導課生活衛生推進室長

(2)挨拶:衛生指導課長

(3)議事

  • 1)動物愛護推進員の委嘱について
  • 2)災害時動物救護活動マニュアル(案)について
  • 3)千葉県動物愛護管理推進計画の進捗状況について
  • 4)その他

(4)閉会:衛生指導課生活衛生推進室長

5.議事要旨

設置要綱第4条第3項〈協議会設置要綱へ〉(PDF:96KB)により、会長は協議会を総理するとされており、以後、会長が議事を進行する。(議長)早速、議事に入る。

1)動物愛護推進員の委嘱について

議事の1)「動物愛護推進員の委嘱について」だが、前回の第1回協議会の時に、千葉県動物愛護管理推進計画に基づき、今年度実施する事業の説明が事務局からあったと思うが、その事業の一つに「動物愛護推進員の委嘱の検討を行う」とあり、この協議会で委嘱方法や責務等を検討することとされていた。

本日は、その検討する事項として「動物愛護推進員設置要綱(案)」が事務局から示されているので、事務局から説明願う。

(事務局)資料-1の千葉県動物愛護推進員設置要綱(案)について説明する。〈資料1へ〉(PDF:459KB)

(議長)事務局から「動物愛護推進員設置要綱(案)」について説明があったが、質問等あったら発言願う。

(委員)推進員の人数であるが、どれくらいの人数が適当と考えているか。

(事務局)予算要求の段階であるが、積算では1保健所当たり3名程度で、全部で50名程を考えている。

(委員)50名というのは、千葉県内で50名ということか。千葉市、船橋市、柏市も来年度は同様に推進員を委嘱するのか。それとも別枠として何名かと考えているのか。

(事務局)千葉県動物愛護管理推進計画を策定する段階で、この計画は政令市、中核市も含むものと考えてきた。したがって、現段階では推進員も県全体として委嘱していくことを考えている。

(委員)推薦母体として当協議会の構成団体から推薦するようであるが、団体に所属していない方を推薦する機会はあるのか。

(事務局)各委員に事前に配付した要綱(案)の第3条では、「協議会の構成団体からの推薦」としていたが、団体に所属しない委員からも推進員を推薦できるように今日の資料では「協議会からの推薦」に案を訂正している。

(議長)他に質問がなければ、この動物愛護推進員設置要綱(案)の修正部分について意見があれば発言願う。

(委員)第3条第2項の第3号、4号であるが、法令に違反したり、一度解任された場合は、永久に委嘱しないという理解でよろしいか。

(事務局)違反や解任された場合は、内容や程度によって判断したいと考えている。

(委員)推進員の活動範囲を市町村レベルで考えるのか、保健所管轄エリアで考えるのかということだが、保健所管轄エリアの方がいいと考える。

(事務局)資料1の19頁以降に、県内の各地域における動物に係る問題・課題を調査したものを載せてある。これは今年度、各保健所で市町村にも照会して調査した結果であるが、今後は、こうした地域単位の問題に対処するには、管轄する保健所と関係市町村とが連携し、推進員と一体となって活動していただきたいと考えている。

(議長)他に意見がなければ、特に修正等も無く、この要綱(案)どおりということでよろしいか。(異議等なし)

それでは異議等もないので、事務局には策定の手続をお願いしたい。

では次に、千葉県動物愛護管理推進計画では、動物愛護推進員については、来年度から委嘱を進める予定としているが、今後のスケジュールについて、事務局から説明願う。

(事務局)資料-1の動物愛護推進員の推薦・委嘱等に係る予定について説明する。

(議長)事務局から説明があった「動物愛護推進員の委嘱に係る今後の予定」について、質問、意見等あれば発言願う。

(委員)推薦の件であるが、私どもに所属する会員以外を推薦する場合には、どうしたらいいか。

(事務局)最終的には、協議会長名でまとめて推薦をいただきたいと考えているので、候補者リストを提出する段階では、協議会委員として推薦していただきたいと思う。

(委員)推進員候補者リストの提出とあるが、事務局にはどういう形で提出すればいいのか。

(事務局)本日、様式は示していないが、後日、資料にあるような項目について調査する様式を協議会長名で各委員に送付するので、それに記載して提出いただきたい。

(委員)先ほど、推進員の人数は50名程度と説明があったが、協議会からの推薦の段階で50名を超える場合はどうするのか。少なくても20名ほどの委員から2~3名ずつ推薦があった段階で50名は超えてしまうのではないか。また、地域によって偏る可能性があるが、その場合どうするのか。

(事務局)そのような場合もあるで、候補者としてリストを出していただき調整したいと考えている。また、50名が定員とは考えておらず、予算的な措置が必要となる場合は、財政担当とも協議して対応していきたい。

(議長)そのあたりの調整は、県と政令市、中核市、保健所と地域バランスに配慮してうまく調整していただき、推薦団体等と十分協議していただきたい。また協議会委員としても候補者をリストアップする時に地域バランスに考慮しながら出していただきたい。

それでは、他に意見等なければ、事務局では、この予定に従って推薦の手続を進めてください。また、委員の所属団体に対しては、今後、協議会長名で候補者の推薦を依頼するということなので、御協力の程をよろしくお願いする。(議長)次に、議事の2)「災害時動物救護活動マニュアル(案)」について事務局から説明願う。

2)災害時動物救護活動マニュアル(案)について

(事務局)資料-2について説明する。〈資料2へ〉(PDF:483KB)

(議長)ただ今、事務局より災害時動物救護活動マニュアル(案)について説明があり、現段階では、修正を加える点がまだあるということで、「素案」として見てもらいたいとのことであったが、何か質問等あったら発言願う。

(委員)ボランティア登録のことであるが、推進員も登録が必要か、また獣医師免許を持っている人も必要があるのか。

(事務局)登録をしておけば、実際に災害が起きたときに直ちに連絡が取れるので、出来るだけ登録して欲しいと考えている。

(議長)私からの質問だが、25頁の登録証と26頁の登録証の違いは何か。

(事務局)平常時でも登録をしてもらうが、その際は動物保護管理協会が登録証を発行して、災害時には本部で登録するので、そこで登録証を発行するということである。

(委員)一時預かりする場合であるが、新潟地震で一時預かりする場合に、本人の身分証の提示を求めたところ、返還率が100%だったという話を聞いた。返還数を増やすためにも免許証などの身分証明書の提示を求めることを加えていただきたい。

(議長)事務局では、今の件についてマニュアルに加えるよう検討してもらいたい。

(委員)災害時には、救護所だけでなく一時預かりしてくれる動物取扱店があればいいと思う。マニュアルの中に、一時預かりに協力する店を指定する制度を加えられるかどうか検討をお願いしたい。

(事務局)検討させていただきたい。

(委員)ボランティア登録は一般の人も対象だと思うが、いつから始める予定なのか。またどのように知らしめていくつもりなのか。

(事務局)今の段階では、マニュアルを策定については、できるだけ今年度中に実施したいと考えている。したがって、平常時の活動自体は来年度からと考えており、連絡協議会の開催、各団体との協定の締結を行い、それと併せてボランティア登録を始めていきたいと考えている。

(委員)ボランティア登録を開始する場合、一般の人はどこに行けば登録できるかを教えて欲しい。

(事務局)窓口を動物保護管理協会にやってもらい、受付は事務局だけだと不便なので、電話等の手段でも登録が出来るような方法を考えていきたい。また、広報については県でも協力してやっていきたい。

(委員)動物保護管理協会を知らない人もいるかと思うので、保健所や市町村の窓口でもアナウンスするようにして欲しい。

(事務局)まずはマニュアル自体を一般の人に知らしめる事が必要なので、その際に登録の方法も広報していきたい。

(委員)柏市では、将来的に愛護センターを設置する予定としており、その際には、このマニュアルの「柏市保健所生活衛生課」の名称を変更することを委員の皆様もご理解していただきたい。

(委員)来年度から動物愛護推進員を委嘱するということなので、出来ればこのマニュアルで平常時の連絡協議会、災害時の救護本部の構成員に、推進員の代表も加えられるようにすれば、動物のことをよく理解している人達なので、より良いものになると思うので検討願いたい。

(議長)今の委員の提案について、意見等はないか。

(委員)推進員を入れることについては賛成である。地域ごとに代表を選んで参画していくということか。

(委員)今のところ、そこまで具体的には考えていないが、50名全部を入れる訳にはいかないので、代表として適正な数を検討していただきたい。

(事務局)平常時の連絡協議会については、関係する団体で構成することを考えており、推進員はその団体からの推薦者もいるので、構成に加えなくてもいいかと考えている。

災害時には構成の中に「登録ボランティア」とあり、ここに登録した推進員に入ってもらえると考えられる。

(議長)それでは、意見等もないので、議事の(2)については、これで終了したい。(議長)それでは、次に議事3)「千葉県動物愛護管理推進計画の進捗状況」についてだが、計画では、毎年、計画の達成状況を点検して、施策に反映させることとしており、現在の進捗状況について、事務局から説明願う。

3)千葉県動物愛護管理推進計画の進捗状況について

(事務局)資料-3について説明する。〈資料3へ〉(PDF:517KB)

(議長)事務局から「千葉県動物愛護管理推進計画の進捗状況」について説明があったが、質問等あったら発言願う。(質問等なし)

(議長)それでは、20年度の計画達成状況の点検だが、まだ今年度も2ヶ月ほど残っており、また、事務局から説明があったように、次年度の最初の協議会において20年度の計画達成状況を報告するとのことだったので、その時点で最終的な点検をする、ということでいかがか。(異議等なし)

(議長)それでは、異議等もないので、議事の3)については、これで終了したい。(議長)最後の議事4)「その他」であるが、何か事務局からあったら説明願う。

4)その他

(事務局)先ほどの「災害時動物救護活動マニュアル」の件であるが、修正したものを再度委員に送付するので確認願いたい。

(議長)事務局から修正したものが送付されるので、またその内容について意見等あれば事務局まで申し出願いたい。他になにかあるか。

(事務局)次回の協議会の開催予定を年度が明けた4月から5月の間で調整したい。

また、日程の調整については追って連絡させてもらいたい。

(議事)以上をもって、本日用意された議題全ての協議が終了した。議長の任を降りたい。協力に対し礼を述べたい。

以上

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班

電話番号:043-223-2642

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?