ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 公衆衛生 > 生活衛生(施設) > 理容師法施行条例・美容師法施行条例が改正されました

更新日:平成28(2016)年6月20日

理容師法施行条例・美容師法施行条例が改正されました

改正の趣旨

理容所及び美容所における公衆衛生の向上を図るため、洗髪及び洗顔のための設備の設置が、衛生上必要な措置として義務づけられました。

改正内容

平成23年7月1日から、理容所・美容所内の作業所(お客様に対してサービスの提供をするスペース)内に、洗髪及び洗顔を行うことができる流水式の設備を設ける必要があります。

  • 洗髪を行うことができる設備と、洗顔を行うことができる設備は、兼用することができます。
  • ただし、頭髪に関する作業を行わない理容所(顔そり専門店など)、美容所(メイク専門店など)では、洗顔のみを行うことができる流水式の設備を設ければ支障ありません。

改正条例の施行期日など

施行日

 

平成23年7月1日

経過措置

既存の理容所及び美容所については、増改築などにより施設の構造に変更が生じるまでの間は、洗髪及び洗顔を行うことができる設備を設けなくても支障ありません。

 

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課生活衛生推進班

電話番号:043-223-2627

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?