ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月1日

平成25年度食品の安全・安心に関するリスクコミュニケーション開催結果

1.開催日時及び内容等

 一般県民対象

(1)開催日、会場及び参加者数

日時

会場 参加人数
平成25年6月9日(日曜日) 千葉県教育会館(千葉市)

101名

平成26年2月23日(日曜日) イオン津田沼店(習志野市)

20名

 

計121名

 

 

 

(2)内容

ア.千葉県教育会館(平成25年6月9日)

テーマ:牛海綿状脳症(BSE)についての説明会

  • BSE対策の見直しに係る食品健康影響評価について
    講師:食品安全委員会プリオン専門調査会専門委員
    東海大学海洋学部水産学科教授 山本茂貴
  • 千葉県におけるBSE対策について
    講師:千葉県BSE対策本部事務局(県職員)
イ.イオン津田沼店(平成26年2月23日)

テーマ:「食べ物について考えよう」

  • おやつについて考えてみよう!
    講師:習志野健康福祉センター職員
  • 食べ物を安全に食べるための5つの鍵~食中毒対策体験
    講師:習志野健康福祉センター職員、衛生指導課職員

 大学生・専門学校生対象

(1)開催日、会場及び参加者数

日時

会場 参加人数
平成25年7月10日(水曜日) 千葉県立保健医療大学(千葉市)

26名

平成25年10月31日(木曜日) 千葉調理師専門学校(千葉市)

69名

 

計95名

 

 

 

(2)内容

ア.千葉県立保健医療大学
  • テーマ:「食品の安全を守るシステムと大量調理施設の衛生管理」
    講師:千葉県食品等安全・安心協議会副会長 北村忠夫
イ.千葉調理師専門学校
  • テーマ:「食品の衛生的な管理及び食中毒予防について」
    講師:衛生指導課職員

 小学生対象

(1)開催期間及び会場等

開催日:平成25年9月~平成25年12月までの4ヶ月間
会場:県内小学校22校
開催回数:25回

(2)参加者数

1,749名(対象5年、6年生)

(3)内容

テーマ:「食べ物の安全性」
講師:千葉県食品衛生監視員(県職員)

  • 講演:食品安全について考えてみよう
  • DVD:考えてみよう!!食べ物の安全性~食品添加物や残留農薬について~

 リスクコミュニケーター育成講座

(1)開催日及び会場

開催日:平成26年1月23日(木曜日)
場所:千葉県文書館6階多目的ホール
参加者数:16名(県健康福祉センター職員等)

(2)内容

テーマ:リスクコミュニケーションとファシリテーションについて
講師:京都大学大学院医学研究科社会健康医学系受託研究員 矢口明子

2.資料

(1)一般県民対象

ア.牛海綿状脳症(BSE)についての説明会(平成25年6月9日)

BSE対策の見直しに係る食品健康影響評価について(PDF:2,179KB)

千葉県におけるBSE対策について(PDF:3,072KB)

イ.「食べ物について考えよう!」(平成26年2月23日)

おやつについて考えてみよう(PDF:225KB)

食べ物を安全に食べるための5つの鍵(PDF:1,504KB)

(2)大学生・専門学生対象

ア.千葉県立保健医療大学(平成25年7月10日)

イ.千葉調理師専門学校(平成25年10月31日)

(3)小学生対象(平成25年9月から平成25年12月まで)

(4)リスクコミュニケーター育成講座(平成26年1月23日)

千葉県食の安全に関するリスクコミュニケーター育成講座(PDF:5,248KB)

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課企画調整班

電話番号:043-223-2638

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?