サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 食生活 > 食の安全・安心 > 食の安全・安心電子館 > 肉の生食が原因で発生した食中毒について

更新日:平成29(2017)年5月9日

肉の生食が原因で発生した食中毒について

平成23年5月に、富山県、福井県及び神奈川県におきまして、食肉を生で食べたことを原因とする集団食中毒事件が発生しました。

県では、これまでも、営業者に対し、食肉の衛生管理の徹底や、生食肉の提供を控えるなどの監視指導に努めてまいりました。今回の事件を受け、厚生労働省からの通知を踏まえ、関係者に対する指導の徹底を指示し、焼肉店や食肉販売業者などに対する監視指導の強化を図りました。

こうした取り組みにより、腸管出血性大腸菌による食中毒の未然防止を図り、県民の皆様方の健康の確保に努めてまいります。

消費者への注意喚起

  • 食肉等を加熱調理する際には、中心部まで十分に火を通してからから食べましょう。
  • 高齢者や若齢者のほか抵抗力の弱い人は、生食用食肉を食べたり食べさせたりしないようにしましょう。
  • 食品に関する質問や相談窓口のご案内

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課食品衛生監視班

電話番号:043-223-2626

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?