ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年2月1日

(平成25年9月)県管理道路における放射線物質対策の実施について

発表日:平成25年9月20日

県土整備部道路環境課
電話:043-223-3138

千葉県では、汚染状況重点調査地域における県管理道路について、これまで、小学校周辺の通学路を優先に、対策を実施してきたところですが、これらの除染作業が完了しましたので、対象を全ての通学路に拡げ、引き続き、対策を実施することとしました。
具体的には、新たな対象区間について、10月より空間放射線量の測定を実施し、対策目標を超えた箇所は、年内の除染完了を目途に進めてまいります。
なお、小学校周辺の通学路について、除染作業完了後の空間放射線量を測定した結果、いずれも対策目標を下回りましたので、併せてお知らせします。
(結果については、下記リンク「測定結果」参照)

1.対策目標

県内において汚染状況重点調査地域に指定されている9市のうち、市内の通学路における空間放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト未満となることを目指す。(原発事故による追加被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下)

2.対象

汚染状況重点調査地域9市における県管理道路のうち、通学路に指定されている6市85校134kmを対象とする。

汚染状況重点調査地域 空間放射線量測定延長 線量測定済(除染作業済) 空間放射線量測定予定

小学校数

85校

通学路延長

134km

小学校数

36校

通学路延長

28km

小学校数

70校

通学路延長

106km

1

松戸市

25

25.0

0

0.0

25

25.0

2

流山市

7

8.7

7

8.7

0

0.0

3

柏市

22

34.4

9

4.8

21

29.6

4

我孫子市

8

18.0

6

3.6

8

14.4

5

印西市

17

41.5

8

4.3

16

37.2

6

白井市

6

6.3

6

6.3

0

0.0

注)鎌ケ谷市、野田市、佐倉市は、市が県道を含む通学路の測定を実施し、基準値を超えている箇所はない。

(結果については、空間放射線量マップを作成し、市のホームページに公表中)

3.今後について

今後は、空間放射線量の測定を10月より実施し、対策目標を超えた箇所は、年内の除染完了を目途とする。

現在、36校28kmの除染作業は、完了している(結果については、下記リンク「測定結果」参照)。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部道路環境課維持防災推進班  

電話番号:043-223-3145

ファックス番号:043-227-0804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?