ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年10月22日

平成27年度の開催結果

終了した講演会

★たくさんのご参加ありがとうございました。

「女もイキイキ男もイキイキ」~講談で語る男女共同参画社会~(多古町)≪9月13日(日曜日)≫

女性真打講談師として活躍される宝井琴桜氏を講師にお招きし、男女共同参画について、身近な事例を踏まえ、ユーモアたっぷりに分かりやすくお話しいただきました。

【講師】
宝井琴桜(たからいきんおう)氏
講談師、講談協会理事兼副会長
【場所】
多古町コミュニティプラザ

講演の様子

【参加者の声】

  • 身近なことを材料に分かりやすく楽しく聞くことができました。夫婦や家族で聞いてもいいかもしれないと思いました。(50代男性)
  • 難しい内容を分かりやすく、笑いの中に包んで話してくださって面白かったです。(60代女性)
  • 「男女共同参画社会」について、講談でとても分かりやすく演じていただきました。笑いあり、しんみりと考えさせられる場面あり、素敵な時を過ごさせていただきました。(70代以上女性)
  • 講談を切り口にとてもよかったです。最後のエピソード(息子と娘の夫の洗濯物干し)が印象的でした。(40代男性)

 

 

「楽らくかいご(快互)のすすめ」(大多喜町)≪10月17日(土曜日)≫

一般社団法人千葉県介護福祉士会副会長の松下やえ子氏をお招きし、介護する側、される側になってから悩まないため、介護に対する心構えをホームヘルパーの経験を活かした、楽しく学べ、すぐに役立つ実技演習を交えてお話しいただきました。

【講師】
松下やえ子(まつしたやえこ)氏
一般社団法人千葉県介護福祉士会副会長
【場所】
大多喜町中央公民館

大多喜町

【参加者の声】

  • とても分かりやすい講義でした。先生の笑顔に癒されました。介護はしてもらう人だけを作らない、する側、される側お互いで介護していくことが長続きする介護なのかと思いました。(40代女性)
  • 専門の先生のお話は大変参考になりました。実技も含め、楽しく参加できました。今、91才になる母と生活していますが、今のところ、見守りの状態で、介護はあまりしていませんが、これからは、介護も必要になってくると思います。今、できている事を見守りながら、〔快互〕の気持ちを忘れない様にしていきたいと思います。(60代女性)
  • 介護は、大変疲れるものだと考えていましたが、本日の講演に参加し、難しいものと思っていた気持ちがとても楽になりました。(60代女性)
  • 快互の意味が始まる前は理解出来なかったが、介助者の無理のない方法又、される側の気持ちが大切な事。(60代男性)