ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年7月17日

(6月)「送り付け商法」にご注意ください!

注文した覚えのない健康食品が突然自宅に届いたり、業者から「海産物を買わないか」と電話があり、断ったのに商品と請求書が送られてきた等の「送り付け商法」に関する相談が寄せられています。

  • 注文していない商品を送り付けられても、契約は成立せず、支払いの義務も発生しません。商品を送り付けられても受け取らないこと、代金支払いにも応じないことが大切です。ただし、「家族が注文していた」という場合もあるので確認しましょう。
  • 商品を受け取ってしまった場合でも、開封せずに14日間保管し、その間に事業者が引き取りに来なければ、自由に処分してよいことになっています。代金を支払う必要はありません。ただし、届いた商品を消費すると、購入する意思があったとみなされて代金を支払わなければならなくなる場合があるので注意が必要です。
  • 電話勧誘を受けた場合は、購入を承諾していても、正式な契約書面を受け取った日から数えて8日間は「クーリング・オフ」による契約の解除を行うことができます。

お困りの場合は、千葉県消費者センター又はお住まいの市町村の消費生活相談窓口に御相談ください。

送り付け商法

関連リンク

過去のトピック

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部消費者センター 

電話番号:047-431-3811

ファックス番号:047-431-3858

【注意事項】
このフォームからは、ご相談及び相談内容に関する連絡はお受けできません。
相談専用電話番号047-434-0999をご利用ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?