サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 心の健康 > 薬物乱用問題を考える会のお知らせ

更新日:平成28(2016)年4月18日

薬物乱用問題を考える会のお知らせ

薬物乱用・依存問題とは・・・

  • 覚せい剤や危険ドラック、市販薬や処方薬、ライターガス等、精神や身体に有害な薬物をくり返し乱用すると「依存症」という病気になります。
  • 依存症は「進行」する病気です。家族や周囲を巻き込みながら、自分自身に深刻な問題をもたらします。
  • 依存症は、本人・家族・周囲の方が正しい知識と理解を深めることにより、「回復」することが可能です。

問題の解決のために・・・

  • 薬物乱用を考える会は、薬物乱用・依存問題に悩んでいる家族や周囲の方々が、この問題についての正しい知識と理解を深め、対処方法を学ぶためのものです。
  • 「講習会」「家族ミーティング」の2部構成になっています。

※平成28年度より、第一部講習会の実施方法が変更になりました。偶数月と奇数月により、プログラムの内容が変わります。

第一部講習会毎月第3水曜日午後1時30分~3時15分

偶数月(4月、6月、8月、10月、12月、2月)

  • 会場:千葉県がんセンター事務研修棟2階大会議室(注:10月は千葉県精神保健福祉センター1階講堂)
  • お車でお越しの方は、当センター内駐車場に駐車し、徒歩にて移動してください。
  • 場所がおわかりにならない方は、お気軽に当センター調査研究課(電話:043-263-3892)にお問い合わせください。(千葉県がんセンターへの直接のお問い合わせはご連慮願います。)
  • 対象:家族・本人・関係者・この問題に関心のある方
  • 申込:下記参加申込書により、電話またはファクスにてお申込みください。なお、本年度より本人及び家族の方もお申込みが必要になります。
  • 年間でのお申込みも可能です。欠席となる可能性がある場合でも、お申込みいただけます。

参加申込書(関係機関用)(ワード:21KB)

参加申込書(家族用)(ワード:19KB)

平成28年度「薬物乱用問題を考える会」のご案内(PDF:633KB)

平成28年度第一部講習会プログラム(偶数月)

 

偶数月

開催日

テーマ

講師(敬省略)

平成28年

4月20日

(水曜日)

薬物依存症者の心理

小学館集英社プロダクションエデュケーション事業局企画課

プログラム指導マネージャー

堀口忠利(ほりぐちただとし)

6月15日

(水曜日)

保護観察所における薬物依存症者への対応

ー刑の一部執行猶予制度の開始に向けてー

千葉保護観察所

保護観察官

松本陽一郎(まつもとよういちろう)

8月17日

(水曜日)

薬物依存症とギャンブル依存症の理解と対応

ギャンブル依存症問題を考える会

代表(アディクションカウンセラー)田中紀子(たなかのりこ)

10月19日(水曜日)

 

 

館山ダルクとS.A.R.S千葉(女性)における薬物依存症回復プログラムの実際

 

ーエイサー演舞と当事者のメッセージー

 

 

※会場は当センター1階講堂となります

 

館山ダルク

施設長

十枝晃太郎(とえだこうたろう)

S.A.R.S千葉(女性専用ダルク)

施設長

十枝真沙史(とえだまさし)

薬物依存症当事者等

12月21日(水曜日)

依存症のリスク要因(仮)

千葉県精神保健福祉センター

精神科医

林偉明(はやしひであき)

平成29年

2月15日

(水曜日)

依存症の問題を抱えて傷ついた家族を支援する方法

 

株式会社アスク・ヒューマン・ケア取締役研修相談センター所長

臨床心理士・精神保健福祉士

水澤都加佐(みずさわつかさ)

奇数月(5月、7月、9月、11月、1月、3月)家族教室

  • 対象は薬物依存症者の家族のみ※事前申込みが必要です
  • 会場:千葉県精神保健福祉センター1階デイルーム
  • 内容:「薬物依存症者をもつ家族を対象とした心理教育プログラム」のテキストを使用し、家族として本人の回復に必要となる知識や対応方法について学びます。※1クール年6回で構成
  • 講師:国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部診断治療研究室室長近藤あゆみ氏

参加申込書(家族用)(ワード:19KB)

平成28年度「薬物乱用問題を考える会」のご案内(PDF:633KB)

開催日 テーマ

平成28年

5月18日(水曜日)

薬物依存症とは
7月20日(水曜日) 上手なコミュニケーションで本人を治療につなげる

9月21日(水曜日)

長期的な回復を支え、再発・再使用に備える

11月16日(水曜日)

家族のセルフケア

平成29年

1月18日(水曜日)

「家族の病気」としての薬物依存症
3月15日(水曜日) 1年のまとめ

 

 

第二部家族ミーティング午後3時30分~4時45分

第一部講習会終了後、千葉県精神保健福祉センター内にて、薬物乱用・依存症者の家族のみによるミーティングを行っています。第二部のみの参加も可能です。(申し込み不要)

  • 日時:原則として、毎月第3水曜日午後3時30分から午後4時45分まで
  • 場所:千葉県精神保健福祉センター1階デイケアルーム・相談室
  • 対象:薬物乱用・依存症者の家族
  • 内容:お茶やコーヒーを飲みながら、ゆったりした雰囲気で、いいっぱなし聞きっぱなしのミーティングを行っています。匿名での参加や他の人のお話を聞くだけでもOkです。同じ悩みを持つ方のお話は、何かの参考になるかもしれません。ご心配なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部精神保健福祉センター調査研究課

電話番号:043-263-3892

ファックス番号:043-265-3963

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?