サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 行政手続案内 > 手続(しごと・産業・観光) > 農林水産業 > 動物用医薬品等取締規則 > 【動物用医薬品等取締規則】動物用医薬品店舗販売業許可更新申請書

更新日:平成27(2015)年2月27日

【動物用医薬品等取締規則】動物用医薬品店舗販売業許可更新申請書

受付窓口等

受付窓口

店舗所在地を管轄する家畜保健衛生所

受付時期

随時

提出書類

  • (1)申請書
  • (2)改正省令の施行日から起算して60日を経過した日(平成26年8月12日)以後において、最初の許可更新の申請をするときは、以下の項目について記載した書類
    • 販売する動物用医薬品の区分を記載した書類(指定医薬品、それ以外の医薬品)
    • 相談に応ずる電話番号その他の連絡先
    • 特定販売を行う際に使用する通信手段を記載した書類
    • 特定販売に使用する通信手段
    • 特定販売を行おうとする医薬品の区分
    • 特定販売を行おうとする医薬品に係る広告に記載する店舗の名称
    • 特定販売を行おうとする医薬品についてインターネットを利用して広告をするときの、主たるホームページアドレス

問い合わせ先

畜産課家畜衛生対策室又は店舗所在地を管轄する家畜保健衛生所
Tel043-223-2938

標準処理期間

未設定(事実関係の認定については事案ごとに難易差があり、標準的な処理の期間を設定することは困難であるため。)

様式ダウンロード

申請書様式(動物用医薬品店舗販売業)(ワード:28KB)

販売する動物用医薬品区分、相談に応ずる電話番号及び特定販売する手段の記載様式例(店舗販売業)(ワード:18KB)

  • (1)店舗の構造設備の概要の欄については,法第24条第1項もしくは第2項の規定による許可後又は第38条第1項において準用する法第10条の規定による届出後に構造設備の主要部分の変更がない場合には、「主要部分に変更はない」と記載し,構造設備の概要の記載は要しない。
  • (2)申請者(申請者が法人であるときは、その業務を行なう役員を含む)が法第5条第3号イからヘまでに該当することの有無の欄については、該当しない場合には「該当しない」と記載し、該当する事案の概要を記載すること。
  • (3)冷蔵貯蔵が必要な薬品を取り扱わない場合にあっては、その旨を参考事項の欄に記載すること。
  • (4)手数料:県収入証紙で12,700円。
  • (5)事前に店舗所在地を管轄する家畜保健衛生所にご相談ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課家畜衛生対策室

電話番号:043-223-2938

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?