ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 県立病院・県内医療機関 > 千葉県病院局 > 県立病院における医療安全の取組と医療上の事故等の報告状況について(平成28年度分報告)

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年7月5日

県立病院における医療安全の取組と医療上の事故等の報告状況について(平成28年度分報告)

発表日:平成29年7月4日

千葉県病院局経営管理課

県立病院では、様々な医療安全管理体制の強化に取り組んでいますが、医療の透明性と県民の医療に対する信頼の一層の向上を図るため、平成28年度に発生した医療上の事故等の報告状況を、本年1月に制定した「県立病院における医療上の事故等の公表基準」に基づいて、包括的に公表いたします。

1.「包括公表」の概要

(1)平成28年度における医療安全管理の取組

(2)医療上の事故等の報告状況

  • 影響度別報告状況
  • 事由別報告状況

(3)医療上の事故等に対する調査の実施状況

(4)平成29年度における医療安全管理の取組

 


※医療上の事故等とは

疾病そのものではなく、医療の提供過程を通じて患者が死亡若しくは心身に傷害が発生した、またはその恐れがあった事象をいい、医療行為や管理上の過失の有無を問わない。合併症、医薬品による副作用や医療機器、材料による不具合を含むもの。
(参考):医療上の事故等の影響度分類(出典:千葉県病院局医療安全管理指針)

 

区分 レベル 継続性 障害の程度 障害の内容

アクシデント

5

死亡

-

死亡(原疾患の自然経過によるものを除く)

アクシデント

4

永続的

軽度~高度

永続的な障害や後遺症が残った(残る可能性も含む)

アクシデント

3b

一過性

高度

濃厚な処置や治療を要した(人工呼吸器の装着、手術、骨折など)

インシデント

3a

一過性

中等度

簡単な処置や治療を要した(消毒、皮膚の縫合、鎮痛剤の投与など)
インシデント

2

一過性

軽度

処置や治療は行わなかった(患者観察の強化などの必要性は生じた)
インシデント

1

なし

-

患者への実害はなかった
インシデント

0

-

-

エラーや医療用具の不具合がみられたが患者には実施されなかった

※国立大学附属病院医療安全管理協議会作成のインシデント影響度分類を参考に整理している。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:病院局経営管理課医療安全安心推進室

電話番号:043-223-3975

ファックス番号:043-225-9330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?