ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 千葉県立美術館 令和4年度「第3期コレクション展」

報道発表案件

更新日:令和4(2022)年7月19日

ページ番号:525739

千葉県立美術館 令和4年度「第3期コレクション展」

発表日:令和4年7月19日

県立美術館

県立美術館(千葉市)では、収蔵作品の中から名品を紹介する「第3期コレクション展」を開催します。

今回の展示では、フランスの写実画家ギュスターヴ・クールベに注目。当館が所蔵する『嵐』とあわせて、ふくやま美術館(広島県)、山梨県立美術館からお借りした作品を展示し、自然のあるがままの姿を鋭くとらえたクールベの表現に迫ります。

その他、「美術と文学-想を得る楽しさ-」「カラフル!」をテーマに、当館所蔵の名品の数々を展示します。

開催期間

令和4(2022)年7月27日 (水曜日) から令和4(2022)年9月19日 (月曜日) ※月曜日休館(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)
午前9時から午後4時30分

開催場所

名称 千葉県立美術館
住所 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
電話 043-242-8311
ホームページ 県立美術館ホームページ外部サイトへのリンク

内容

名品3 -クールベの嵐-

名品シリーズ第3弾は当館収蔵作品クールベの『嵐』に注目。特別に、ふくやま美術館(広島県)、山梨県立美術館からクールベの作品をお借りして、自然のあるがままの姿を鋭く捉えたクールベの「嵐」の表象に迫ります。あわせて、クールベに関連するバルビゾン派の作品など、当館の収蔵作品の中でも鑑賞の要望の高い作品をご紹介します。

ギュスターヴ・クールベ(1819-1877)

19世紀のフランスで活躍した画家。宗教的・伝統的な主題ではなく、自分が実際に現実で見たものだけを描く写実主義運動の指導者で、のちの美術家に大きな影響を与えた。スイスの国境に近い山村で生まれ、1841年22歳で初めて海を目にしてから、海の風景を数多く描いた。

ギュスターヴ・クールベ《嵐の海》

ギュスターヴ・クールベ《嵐の海》1865年(山梨県立美術館蔵)

ギュスターヴ・クールベ《波》

ギュスターヴ・クールベ《波》1869年(ふくやま美術館蔵)

ギュスターヴ・クールベ《嵐》

ギュスターヴ・クールベ《嵐》1865年頃(当館蔵)

美術と文学-想を得る楽しさ-

夏目漱石『吾輩は猫である』内の浅井()忠(あさいちゅう)()の挿絵原画や、西脇()()三郎(にしわきじゅんざぶろう)()の詩の世界を表現した池田()満寿夫()(いけだますお)の版画、日本の歴史を題材にした石井()()()の(いしいりんきょう)日本画など、文学から想を得て制作された作品・雑誌を紹介します。

石井林響《和気清麿》

石井林響《和気()()麿(わけのきよまろ)()》1907年

カラフル!

色彩には心を明るくしたり、穏やかにするさまざまな力があります。作家たちが、心打たれた目の前の色を写したり、心象を投影して彩ったりした、色彩の効果が特に際立つ作品を紹介します。

ロッカクアヤコ《Untitled》

ロッカクアヤコ《Untitled》2020年

費用

■入場料 一般:300円 高校生・大学生:150円
※中学生以下、65歳以上、障害者手帳等をお持ちの方と介護者1人は無料