ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 被害状況・被災者支援 > 最近の災害の被害状況と支援情報 > 熊本地震に係る派遣職員活動報告書の作成について

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年12月1日

熊本地震に係る派遣職員活動報告書の作成について

発表日:平成28年11月30日

千葉県防災危機管理部防災政策課

県では、熊本地震に対して避難所運営のための職員の派遣などの支援を行ってきましたが、このたび、被災地で活動した職員からの報告を取りまとめ、「平成28年熊本地震に係る被災地派遣職員活動報告書」を作成しました。

今後、この報告書を活用し、地域防災計画の修正に反映させるなど、災害に強い千葉県づくりを進めてまいります。

1.報告書作成の趣旨

平成28年熊本地震において被災地で活動した職員の報告から、今後の防災対策に活かすべき事項を取りまとめました。

この報告書をもとに、庁内で情報共有するとともに、県内市町村にも提供することで、地域防災計画の見直し等の検討に向けた資料とします。

2.報告書の構成

  • 本報告書の取りまとめに当たっては、派遣職員の活動場面に応じて、自治体支援の体制、災害対策本部、避難所等の項目に分類しました。
  • 各派遣職員からの活動報告の内容について、以下の区分により、簡単な評価を付けました。
    • ○:良い活動事例として参考となるもの
    • ×:現地で対応できなかったもの
    • △:現地での対応が不十分だったもの
    • ☆:派遣職員からの今後の取組みへの提案・改善

3.主な項目

自治体支援の体制、災害対策本部の状況、避難所の運営、ボランティア、物資輸送など。

4.報告書

平成28年熊本地震に係る派遣職員活動報告書(全文)(PDF:253KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理部防災政策課政策班

電話番号:043-223-2163

ファックス番号:043-222-5208

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?