ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月4日

田んぼの生き物調査

田んぼの生き物には、病害虫の天敵や花粉媒介昆虫などの農業にとって有益な生き物や、絶滅の危機に瀕している生き物など、多くの種類がいます。
東葛飾農業事務所ではそれらを守ろうと平成16年度より地元土地改良区と合同で田んぼの生きもの調査を行っています。

平成17年度からは学校機関・東葛北部土地改良区・野田市と連帯し、木間ヶ瀬小学校・関宿小学校の児童と一緒に調査を続けています。
平成29年度は7月13日に関宿小学校の5年生と、付近の田んぼの水路で開催しました。

田んぼの生きもの調査は、地元の土地改良区と地域の小学校との連携により、環境教育の一環としても実施しています。また、地域の住民に対して農業農村整備事業の理解を深めていただくとともに、生物の生息状況や生育環境などを把握することで、環境に配慮した事業を目指しています。

<1>定置網引き上げ

<2>魚の仕分け

<3>魚の観察

<4>まとめの時間

今年度の調査で確認された生き物たち

エビ

オオクチバス(外来種)

オタマジャクシ

タナゴ

ツチフキ

ドジョウ

フナ

 

 

 

モツゴ

 

ヨシノボリ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部東葛飾農業事務所基盤整備課

電話番号:04-7143-4123

ファックス番号:04-7144-8260

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?