ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月25日

事業概要(基盤整備)

 主な農業農村整備事業の概要

平成28年3月25日

実施中の事業(それぞれをクリックすると説明のところにジャンプします)

基盤整備事業全体位置図(PDF:449KB)

 かんがい排水事業

おいしいお米をつくったり,新鮮な野菜づくりには,豊かな水が欠かせません。ダムや川からとった農業用水を農地に運ぶための用水路をつくったり,水はけをよくするための排水路をつくったりする必要があります。これらの水源施設や用水路,排水路をつくるのが,かんがい排水事業です。

(1)新川地区

南白亀川の下流部の低平地を流れる新川排水路は,近年の排水量の増加や護岸部の老朽化により排水不良をきたしています。
本事業では,地域の排水路である新川の改修を行います。

事業内容他

事業内容

排水路工3.1km
橋梁工2ケ所
水門工4ケ所

事業着手

平成18年度

施工場所

茂原市,白子町

関係団体

両総土地改良区(東郷関工区)

かんがい排水事業新川地区写真

 

 

 

 

 

 

 

(2)両総茂原南地区

両総茂原南地区の用水路は,昭和40年代に造られ,老朽化が進んでいます。
本事業では,平成26年度に更新整備を終えた国営両総用水事業に合わせた県営支線用水路の整備を行います。

事業内容他

事業内容

支線用水路工8.7km
付帯工1式

事業着手

平成21年度

施工場所

茂原市,白子町,長生村

関係団体

両総土地改良区

かんがい排水事業両総茂原南地区写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かんがい排水事業両総茂原南地区写真2

 

 

 

 

 

 

 

 ため池等整備事業

農業用水確保のため,古来から数多くのため池が築造されました。ため池は貴重な用水源としての役割のほか,豪雨時の洪水調節の機能も合わせ備えており,防災施設としても重要な役割を担っています。築造後の経年変化に伴い,近年老朽化が著しく,ため池の決壊等の災害を未然に防止することを目的に堤体・附帯施設の改修を行います。

(1)藤木地区

本事業で改修する「藤木堰」は,茂原市の南に位置する,江戸時代以前に造られたため池です。
老朽化により,漏水や積ブロックのはらみなどが確認されたため,本事業で改修します。

事業内容他

事業内容

築堤工132m

取水施設工1ケ所

事業着手

平成26年度

施工場所

茂原市

関係団体

茂原市

 

 湛水防除事業

近年では田畑の宅地化や道路の舗装化などにともなって,降雨時の出水がより多く・早くなるなど,昔と比べ洪水の危険性が増しています。本事業は,こうした洪水被害を防止するため,田畑はもちろん住宅や工場など地域全体の排水を行う事業です。

(1)一松地区

一松地区は一宮川の下流に位置する低水田地帯です。
地盤沈下の進行により,排水状況が悪化したことから,排水路の整備を行います。

事業内容他

事業内容

排水路工2.4km

事業着手

平成22年度

施工場所

長生村

関係団体

白子町,長生村

(2)白潟北地区

白潟北地区は南白亀川の下流に位置する低平地水田地帯です。
地盤沈下の進行や流出量の増加により,排水状況が悪化したことから,排水機場や排水路の整備を行います。

事業内容他

事業内容

排水機場工1ケ所

排水路工1.4km

事業着手

平成23年度

施工場所

白子町

関係団体

白子町

湛水防除事業白潟北地区写真

 

 

 

 

 基幹水利施設ストックマネジメント事業

施設の改修・補修を行って,維持管理費の軽減及び施設機能の回復や長寿命化を図り,ライフサイクルコストの低減を実現します。

(1)清水地区

本事業で改修する「清水堰」は,昭和7年に造られた頭首工です。
その後,維持管理や改修を行ってきましたが,腐食などの老朽化が著しいため,本事業でゲートの改修と躯体の補修を行います。

事業内容他

事業内容

頭首工(ゲート工)7門

事業着手

平成27年度

施工場所

茂原市

関係団体

茂原市,東金市,大網白里市

基幹水利施設ストックマネジメント事業清水地区写真

 市町村や土地改良区などが実施している団体営事業

1.地域農業水利施設ストックマネジメント事業

団体営土地改良事業等で,造成された農業水利施設において,経年変化による施設の老朽化に対応するため,本事業を活用し効果的な機能保全対策を推進するための対策工事を行います。

2.農業基盤整備促進事業

生産基盤における,農地の区画狭小,排水不良,農業用水の不足など,地域が有する課題の解決に向け,迅速かつ,きめ細かな農地・農業水利施設等の整備を実施して生産効率の向上や,農業競争力の強化を図る事業です。

3.土地改良施設維持管理適正化事業

土地改良事業により造成された土地改良施設の多くは耐用年数を迎えつつあります。このため,これらの施設の機能保持とさらなる耐用年数の確保を目的に整備補修を行います。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部長生農業事務所地域整備課

電話番号:0475-25-1144

ファックス番号:0475-24-9840

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?