• 組織としごと
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Languages
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒色
黒地に黄色

ホーム > 生活・福祉・医療 > 生活 > 食生活 > ちばの食育 > 食育ってなあに? > バランスの良い食事

ここから本文です。

 

更新日:平成24(2012)年6月18日

バランスの良い食事

主食・主菜・副菜をそろえて栄養バランスよく食べましょう

昭和50年代の日本の食事は、ごはんを主食として魚や肉、野菜・果物、海草、豆類などを組み合わせた「日本型食生活」と言われ、栄養バランスの面でとても優(すぐ)れたものでした。

健康なからだを作るためには、栄養バランスのとれた食事をとることが大事です。6つの基礎(きそ)食品や3つの食品群(ぐん)を参考に、一回の食事に主食・主菜・副菜をそろえておいしくいただきましょう。

主食・主菜・副菜のバランス

主食に肉や魚などの主菜、野菜や海草などの副菜を組み合わせた食事はとても栄養バランスのよいものです。いろいろな組み合わせで、バランスよく、おいしくいただきましょう。

食品・メニューを描いた主食・主菜・副菜の図

主食

ごはん、パン、麺類(めんるい)などで、炭水化物を多く含(ふく)み、エネルギーのもとになります。

主食のイラスト

副菜

野菜、海藻(かいそう)、きのこなどを使った料理で、ビタミンやミネラル、食物繊維(せんい)などを多く含(ふく)みます。

副菜のイラスト

汁物(しるもの)

汁物のイラスト

6つの基礎(きそ)食品、3つの食品群(ぐん)

6つの基礎食品と3つの食品群の図

食品は、それぞれの持つ栄養素(えいようそ)によって6つのグループに、働きによって3つのグループに分かれます。それぞれのグループから食品を選び、組み合わせてバランスのよい食事をつくりましょう。

第1群(ぐん)から主菜、第2.3.4群(ぐん)から副菜、第5群(ぐん)から主食、第6群(ぐん)から油脂を選ぶと多彩(たさい)なメニューができます。

よくある質問

このページに関するお問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課食の安心推進室

電話:043-223-3092

ファクス:043-201-2623

ページの先頭へ戻る

最近閲覧したページ

機能の説明