サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 農業生産 > 太平物産株式会社が千葉県知事に登録・届出をしている肥料の検査結果

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年11月21日

太平物産株式会社が千葉県知事に登録・届出をしている肥料の検査結果

平成27年11月20日

農林水産部安全農業推進課

千葉県は、太平物産株式会社が知事に登録・届出※をしている肥料(16銘柄)を生産する工場に、肥料取締法に基づく立入検査を実施し、その結果、肥料の成分不足や有機原料の割合が少ない等の問題は確認されませんでした。

なお、安全性に懸念のある原材料が使用されていないこと、立入検査において収去した肥料を分析した結果、成分等に問題がなかったことから、当該肥料を施用した場で生産された農作物の安全性に問題はありません。

1.経緯

太平物産株式会社が自社4工場(青森県、秋田県、茨城県、群馬県)で生産した肥料の成分不足等が問題になっていることから、同社が肥料を生産する県内の2工場(注)について、11月16日及び17日に立入検査を実施しました。

(注)太平物産株式会社九十九里工場及び鴨川工場(両工場とも他社の生産設備を賃借して生産)

2.立入検査の結果

全16銘柄について製造指示書等を検査した結果、肥料の成分不足や、記載されていない原料の使用、有機原料の割合が少ない等の問題は確認されませんでした。また、安全性に懸念のある原材料が使用されていないことも確認しました。

さらに、工場内に在庫があったサンプル(3銘柄)を収去し、肥料成分及び重金属(カドミウム)を分析した結果、肥料成分に問題はなく、重金属が公定規格で定められた上限値を十分下回っていることを確認しました。

なお、1銘柄について、普通肥料※を配合して作られる指定配合肥料※に、普通肥料ではない小麦粉が、成形を容易にするために使用されている法違反が確認されましたので、適切に処分するよう指導しました。

3.その他

今回の検査の結果、太平物産株式会社の本県登録・届出肥料には、「ちばエコ農産物」の認証等に影響するものは確認されませんでしたが、同社の他の肥料も含め、今後国から提供される成分情報等に基づき、適切に認証等を行ってまいります。

※肥料の区分及び登録・届出については、以下を参照。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課肥料・農薬班

電話番号:043-223-2888

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?