ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年5月13日

成田市で産出される茶に係る出荷制限の解除について

発表日:平成25年5月13日

千葉県農林水産部安全農業推進課
電話043-223-3080
千葉県農林水産部生産販売振興課
電話043-223-2880
千葉県健康福祉部衛生指導課
電話043-223-2639

平成25年5月13日付けで、国の原子力災害対策本部長から原子力災害対策特別措置法第20条第2項に基づき、成田市で産出される茶の出荷制限を解除する旨の指示がありました。
これを受け、同日、成田市長及び関係事業者に対して出荷制限の解除を通知しましたので、お知らせします。
今後も、定期的に農産物の放射性物質検査を継続して行い、県産農産物の安全性について、迅速な検査結果の公表に努めます。
成田市産の一番茶(飲用)は、出荷・販売できるようになりました。

1指示の内容

別添:国の原子力災害対策本部長からの指示書(PDF:865KB)のとおり

成田市産茶の解除に係る分析結果 

分析機関:千葉県農林総合研究センター

単位:ベクレル/kg

No.

公表日

品目

採取日

放射性セシウム

セシウム134

セシウム137

合計注3

1

平成25年5月9日

茶(一番茶飲用)

5月8日

検出せず
(0.65未満)

1.54

1.5

2

茶(一番茶飲用)

5月8日

検出せず
(0.54未満)

1.00

1.0

3

茶(一番茶飲用)

5月8日

0.841

1.97

2.8

4

茶(一番茶飲用)

5月8日

0.657

1.32

2.0

注1)ベクレル:放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)内に原子核が崩壊する数を表す。
注2)分析方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法
注3)検出数値は、セシウム134とセシウム137それぞれを有効数字3桁まで求め、これらを合算した合計欄は有効数字2桁に四捨五入する。(平成24年7月5日付け食安基発0705第1号食安監発0705第1号厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課長、監視安全課長通知)
注4)「検出せず」とは、検出限界値未満であることを示す。括弧内の数字は検出限界値。なお、検出限界値は測定ごとに変動する。

注5)検出限界値については、セシウム134とセシウム137の検出限界値の和が基準値の5分の1(飲用茶の場合2ベクレル/kg)以下とする。(平成24年3月15日付け食安発0315第4号厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知)
注6)荒茶を30倍量の熱水(90℃)で60秒間浸出し、40メッシュ相当のふるい等でろ過した浸出液を測定試料とした

一番茶(飲用)の出荷・販売が可能な市町村(5月13日現在)

野田市・成田市・袖ケ浦市(計3市)

今後、一番茶の検査を予定している市町村(5月13日現在)

千葉市・八街市・富里市・多古町・東金市・山武市・大網白里市・芝山町・長柄町・勝浦市(計10市町)

【参考】

1基準値(飲料水※緑茶の飲用茶を含む)

放射性セシウム:10ベクレル/kg

2出荷制限の解除(原子力災害対策本部「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」)

(1)解除の条件

原則として1市町村当たり3か所以上、直近1か月以内の検査結果がすべて基準値以下であること。なお、検査に当たっては、下記に掲げる地点等解除申請に係る区域内で他の地点より高い放射性セシウム濃度の検出が見込まれる地点で検体を採取することとし、測定値の不確かさについても考慮すること(繰り返し分析を行っても基準値を超える分析値が出ないことが統計的に見て推定できること。)。

ア過去に当該食品から基準値を超える放射性セシウムが検出された地点

イ環境モニタリングでより高い空間線量率が観測された地点

ウ土壌中でより高い放射性セシウム濃度が検出された地点

エ栽培管理等の濃度低減対策の必要性が高い区域における、対策の実施が不十分な地点

オその他、山林等の地形の影響等、品目によって高い放射性セシウム濃度が検出される要因が判明している場合は、当該要因が当てはまる地点

3平成21年産千葉県の茶生産状況

項目 摘採面積(ha) 生葉収穫量(t) 荒茶生産量(t)

県名

順位

収穫面積

順位

収穫量

順位

生産量

千葉県

29

42

29

216

29

53

全国

 

41,900

 

398,200

 

86,000

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課食育推進班

電話番号:043-223-3091

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?