ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 農業生産 > GAP(農業生産工程管理) > 平成30年度千葉県農業生産工程管理推進事業補助金交付候補者の募集について

更新日:平成30(2018)年5月21日

平成30年度千葉県農業生産工程管理推進事業補助金交付候補者の募集について

1.事業の目的・概要

本事業は、県内農場の国際水準GAP認証の取得拡大に向け、地域のモデルとなる農業者等を対象に、認証取得に必要な環境整備や審査費用の補助を行うことを目的に実施します。

2.事業実施主体

農業者、農事組合法人、農地所有適格化法人、農業協同組合、その他農業者の組織する団体、農業の専門学科を有する教育機関等

3.事業内容

(1)認証審査

GAP認証の取得に必要な審査の受審の取組

(2)認証取得に係る環境整備

  • 残留農薬等の分析
  • ICTを活用してGAP認証の取得に必要な作業工程管理を入力し、又は技術者等からのガイダンスを受信するシステムの導入
  • 設備改修資材の導入の取組

(3)研修指導の受講

GAP認証の取得に必要な研修指導の受講の取組

4.補助率

(1)事業費の定額(支援額の上限は下表のとおり)

認証の種類と支援額の上限

認証の種類

支援額の上限
(個別認証)

支援額の上限
(団体認証)

GLOBALG.A.P.

295千円

295千円×(団体の構成員数の平方根+2)

ASIAGAP

150千円

150千円×(団体の構成員数の平方根+2)

JGAP

130千円

130千円×(団体の構成員数の平方根+2)

  • (注1)上限額は税抜き額になります。
  • (注2)審査費用には諸費用(登録費用、認証発行手数料等)を含むことができます。
  • (注3)団体の構成員数の平方根については、小数点以下切り上げとします。

(2)認証審査及び研修指導の受講に係る審査員及び講師の旅費についての支援額の上限

認証審査及び研修指導の受講に係る審査員及び講師の旅費については、これとは別に支援額の上限を以下のとおりとします。

ア.認証審査に要する審査員旅費

審査の受審1日に要する旅費に限り、原則として実費の2分の1の範囲内で支援するものとします。(※団体認証の場合は審査の受審に要する旅費)

イ.研修指導の受講に係る講師の旅費

研修指導1日に要する旅費に限り、実費の2分の1の範囲内で支援するものとします。(※団体認証の場合は、研修指導(団体の構成員数の平方根+2)日分に要する旅費)

5.応募方法

(1)申請方法

申請しようとする事業実施主体は、千葉県農業生産工程管理推進事業実施要領5に基づき、以下の提出書類を作成し、提出してください。

(2)提出書類(実施要領5の(2)の規定により提出)

(3)応募期間

平成30年5月21日(月曜日)から6月20日(水曜日)まで

※期限厳守。郵送の場合は必着となります。

(4)提出先

千葉県農林水産部安全農業推進課環境農業推進室

〒260-8667千葉市中央区市場町1-1(県庁本庁舎17階)

6.選定方法

提出された応募書類は、安全農業推進課において審査を行い、実施要領5の(3)に基づき、ポイント上位の支援対象者から順に予算の範囲内で採択します(ポイントは、実施要領別紙2の「配分基準」を参照。)。

7.留意事項

補助事業の実施に当たっては、「千葉県農業生産工程管理推進事業補助金交付要綱」及び「千葉県農業生産工程管理推進事業実施要領」に基づき実施していただきます。

8.その他

  • (1)支援対象となるGAP認証は、GLOBALG.A.P.、ASIAGAP及びJGAPとします。
  • (2)事業実施年度を含めた3年間は継続して認証を取得することを確約する者であることとします(ただし、教育機関は除きます。)。
  • (3)認証審査、研修指導の受講に当たっては、県の指導体制に位置付けられた者が立ち会う必要があります。

9.事業の交付要綱、実施要領、募集案内

10.参考(国の要綱・要領等)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課環境農業推進室

電話番号:043-223-2773

ファックス番号:043-201-2623